「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式が夏にある場合の服装はどうする?半袖でも大丈夫?

      2014/10/18

お葬式は基本的に喪服であり、
黒い服装でないと失礼になる。

このような意識は殆どの方がお持ちかと思います。

しかし、夏場のお葬式はどうなのか?
葬式が夏にある場合の服装はどうするか。


そして夏場は半袖の白シャツでもいいのか?

こういった疑問が、
実際に葬儀に出席するという段階で出てきます。

この葬式と季節性の問題について書いていきます。


スポンサードリンク

【夏のお葬式の服装(男性編)】


まず、夏場でも大事な契約の席等をイメージすれば
社会人の方でもイメージしやすいと思いますが、
上着を脱いで白シャツで斎場に行くのはマナー違反とされています。

道中上着を脱ぐという程度でしたら問題ないですが、
会場に入るときには上着を着るということが必要でしょう。


たまに席につくまでは上着なしでというスタイルの人がいますが、
ほとんどの方が注意されています。

上着がなくて行くと、斎場のレンタル礼服を
借りてきなさい等々の話が出てくるでしょう。


基本的に斎場内は冷房がきちんと効いていますから、
上着を着ているからといって汗だくになるということはありません。

少々暑いかもしれませんが
上着を着用するのはマナーだと知っておきましょう。

半袖は大丈夫ではなくNGということですね。



【夏のお葬式の服装(女性編)】


基本的に喪服として女性が利用するものは
長袖で製造されてはいますが、喪服の選択肢として、
喪服のワンピースというものがあります。

このタイプのものですと半袖でもいいかと思います。

しかし、

会場内は冷房がかなり効いていることが予想されますから、
長袖を利用したほうがいい
ともいえます。

式がはじまってしまうと途中退席は難しいですからね。


スポンサードリンク

【葬式の服装の基本】


・男性
基本的にブラックスーツに白シャツ、黒のネクタイが基本になります。

子供の場合は制服があれば制服、なければ黒のブレザーを準備しましょう。


・女性
黒のワンピース、黒のスーツ、ほぼ全身黒のスタイルですね。

一定の年齢の方でしたら、黒紋付(着物)も選択肢に入ることでしょう。



【まとめ】


基本的に半袖での葬式は男性はNGで、女性については
喪服のワンピースとして売ってあるものであれば大丈夫。

このように覚えておきましょう。



スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

1025-2
葬式は大安とかぶらない日取りにするべき?

冠婚葬祭については、やっていい日取り、 またはできればやめたほうがいい日取りがあ …

1008-2
【葬式マナー】ご遺族への挨拶(お悔やみの言葉)

葬式にこれまで出席したことがないという方は 20代の方ですとかなり多いでしょう。 …

1009-1
キリスト教の葬式って仏教とどう違うのか?

ご自身は無宗教や仏教信仰者であっても、 キリスト教の知人が亡くなったら葬儀の参列 …

プリント
葬式費用が出る保険は加入すべきか

最近は、外資系の保険会社を含めて、 葬式費用が出る保険というものが販売されていま …

1011-4
葬式を欠席する際のマナー 正しい断り方とは

突然の訃報を受け、葬儀の日程を確認したら、 告別式がどうしても他の用事と重なって …

1014-3
葬式で遠方からの参列者へお返しは?交通費は出す?

人生の中で、突然訪れて、準備がばたばたになり 思うように進めることが難しいという …

0217-1
【葬式マナー】ネクタイ選びのコツ

冠婚葬祭、これは人生の中でも マナーや礼儀といったものが かなり重要視されるシー …

1010-4
葬式で休暇ってどれくらい取ればいいの?

同居の家族や親戚に急な不幸が訪れた時、 ショックの次に来るのは 会社への休暇申請 …

1019-2
葬式でお焼香のやり方とお焼香の順番は?

これから初めてのお葬式に出席する方、 以前出席したお葬式で失敗してしまったという …

1022-1
葬式とお通夜、告別式の違いとは?

誰もが出席する機会がある儀式。 これにお葬式があります。 自身の親や親せきといっ …