「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式で失礼のない髪型とは?知っておきたいマナー

   

冠婚葬祭。

これは生きていく中で最も礼儀やマナーに
厳しい場であるということはイメージとして
なんとなく持っている人も多いでしょう。

御祝いの場ですと、少々のマナー違反ぐらいは
たしなめられる程度ですみますが、
葬式の場でマナー違反をするとかなり怒られますし、
入場を拒否されることもあります。


そうはいっても、今まで葬式という場にも出席したことがないし
どんなマナーがあるのかわからないという方もいるでしょうから、
簡単に葬式で知っておきたいマナーをまとめておきましょう。


スポンサードリンク

【葬式で失礼のない髪型:「女性編」】


・短い髪の場合には、内側に髪をまいたスタイル
・髪が長い場合には、一つにまとめましょう。


このまとめるという髪型については耳より上が祝いの席、
耳より下が葬式等の席というように使い分けがなされていますから、
巻く位置というものには注意してください。



・髪の色
髪型というか、色について派手なものは
1日だけ染める薬剤を使ったりして調整してください。

葬式の席では、みなさんが黒い服をきていますから、
明るい髪の色はういてしまいます。


・髪を巻くとき
髪を巻く際に(シニヨン)にアクセサリーを使って固定する
という場合には、こちらも黒で統一するようにしてください。

装飾がついているものはNGです。


【葬式で失礼のない髪型:「男性編」】


男性の場合は、基本的に冠婚葬祭共通になります。

・耳を出し清潔感のある髪型
とにかく清潔感を前面に出した髪型ですね。


・男性のロングヘアの場合
この場合は髪を後ろに流しオールバックにして髪を結んでください。

礼をしたときに髪がばらけたり、前に垂れたりしないレベルです。

わざわざ切る必要はないですが、男性のロングヘアは
不潔にみられてしまいがち
ですから、この点には注意が必要でしょう。


スポンサードリンク

【まとめ】


いかがでしたでしょうか?
男性については、当たり前のことだろうと思うかもしれませんが、
女性編については知らなかったこともあったのではないでしょうか。

これから葬式に出席するうえで
失礼のない髪型のマナーを参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式を欠席する際のマナー 正しい断り方とは

突然の訃報を受け、葬儀の日程を確認したら、 告別式がどうしても他の用事と重なって …

葬式後にお清め塩する必要はある?お清め塩の仕方とは?

葬式に関するマナーというものや、 色々なしきたりがあるんだなということは すでに …

葬式と法事の違いとは?

冠婚葬祭。 この中でも結婚式やお葬式といったものは 出席したことがないという方で …

【葬式のマナー】親族として参列する際のポイント

親族として葬儀に参列するという機会は そうそうにありませんし、 あっても困ってし …

葬式に妊婦は参列出席してはいけないのか?

お葬式というのはできれば、出席する機会がなければ ないにこしたことはありません。 …

葬式マナー お悔やみメールの書き方

お葬式というと、実際に会場に参列する際のマナー というものもかなり重要になります …

葬式は大安とかぶらない日取りにするべき?

冠婚葬祭については、やっていい日取り、 またはできればやめたほうがいい日取りがあ …

葬式と告別式の違いとは?

日常会話の中で、 「~の葬式に参列してきた。」 「告別式に先日行ってきた。」 こ …

葬式で言ってはいけない忌み言葉とは?

日常生活の中でも 「縁起が悪い言葉」として敬遠されている そんな言葉がいくつかあ …

葬式休みの取り方は?休む連絡を入れるべき?

急な訃報が届いて、私自身はどのような対応を とってよいのかわからないという方。 …