「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式で遠方からの参列者へお返しは?交通費は出す?

   

人生の中で、突然訪れて、準備がばたばたになり
思うように進めることが難しいというものに
「葬式」があります。

亡くなってからすぐに
通夜とお葬式の準備をはじめることから、
これで完璧という状態まで持っていくのは一苦労です。



そんな中対応が難しいものとして
挙げられているものに「交通費」があります。

結婚式のような御祝いの席では、
新郎新婦が「お車代」として交通費を出すということが
マナーであり、実際にそうしている人も多いでしょう。


ではお葬式はどうなのか。

葬式で遠方からの参列者へのお返しは?
交通費は出す?
このような質問について考えてみたいと思います。


スポンサードリンク

【葬式での交通費の取り扱い】


葬式で交通費を出すという習慣(慣習)は
ほぼない
と思っていいでしょう。

基本的に葬式は招待するものではなく、
参列するものですから自費での参列というのが基本になります。

中には冠婚葬祭をひとくくりにして
「交通費がでないなんて失礼だ!」
という方がいますが、この人がそもそも失礼です。


とはいえ遠方から来られる方の負担ということも考えて
喪主側から何かお返しをするということは選択肢に入る
でしょう。

あくまで喪主側が率先してというものですね。


【遠方からの参列者へのお返しをしたいという場合】


高齢であまり急な移動ができない人(主に親族)がいる
という場合には、ホテルの手配ぐらいはしたほうがいいかもしれません。

ただし、交通費を現金でというとマナーがなっていない
と思う高齢の方もいるので注意が必要です。

どうしても金品をという場合には別の名目でというのがいいでしょう。


参列していただいたお礼ではなく、
お歳暮やお中元といったもので感謝の意を伝えるとよいでしょう。


スポンサードリンク

【例外】


親族(家)の風習として、
これまで交通費を出すというのが決まりだった。

こういった場合には準備しましょう。

これは自分が葬儀に出席した時にもわかりますし、
事前に親族に確認するといいでしょう。

「もらった記憶がない」という声が多ければなしで問題ないです。

逆に毎回交通費を出しているという「家」ですと、
すぐに出す出さないの結論はでるでしょう。


【まとめ】


葬式では交通費をださないといいましたが、
来ていただく神官の方やお坊さんにはお車代を出すのが基本で、
それについては斎場の方が説明してくれるはずです。

遠方から来た方に特別なお返しというのは必要ない
とお話ししましたが、香典返しはもちろん必要ですから
注意しておきましょう。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

葬式で香典、参列のお返しは必要?何が喜ばれる?

自分の親族内で葬儀があった場合、頂いた香典に対しての お返しで悩まれる事もあるか …

葬式の基本的な流れを知っておこう!

結婚式には結構な数出席したけれども、 葬式という場には縁があまりなく、就職して数 …

【葬式のマナー】服装は何を着ていったらいいの?失礼のない服装とは?

急に葬儀の出席予定ができてしまうと、 最初に考えるのは服装の疑問ではないでしょう …

【葬式のマナー】親族として参列する際のポイント

親族として葬儀に参列するという機会は そうそうにありませんし、 あっても困ってし …

葬式で失礼のない髪型とは?知っておきたいマナー

冠婚葬祭。 これは生きていく中で最も礼儀やマナーに 厳しい場であるということはイ …

葬式とお通夜、告別式の違いとは?

誰もが出席する機会がある儀式。 これにお葬式があります。 自身の親や親せきといっ …

葬式でお焼香のやり方とお焼香の順番は?

これから初めてのお葬式に出席する方、 以前出席したお葬式で失敗してしまったという …

葬式でお供え物は何を用意するべき?

お葬式というと、その地域の風習や、宗教等々、 事前にある程度知っておくべき情報 …

葬式の香典返しは何を渡す?相場は?

親族が亡くなって、斎場の方とも急いで話を進めてしまい、 終わったらどんな手続きで …