「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式で遠方からの参列者へお返しは?交通費は出す?

   

人生の中で、突然訪れて、準備がばたばたになり
思うように進めることが難しいというものに
「葬式」があります。

亡くなってからすぐに
通夜とお葬式の準備をはじめることから、
これで完璧という状態まで持っていくのは一苦労です。



そんな中対応が難しいものとして
挙げられているものに「交通費」があります。

結婚式のような御祝いの席では、
新郎新婦が「お車代」として交通費を出すということが
マナーであり、実際にそうしている人も多いでしょう。


ではお葬式はどうなのか。

葬式で遠方からの参列者へのお返しは?
交通費は出す?
このような質問について考えてみたいと思います。


スポンサードリンク

【葬式での交通費の取り扱い】


葬式で交通費を出すという習慣(慣習)は
ほぼない
と思っていいでしょう。

基本的に葬式は招待するものではなく、
参列するものですから自費での参列というのが基本になります。

中には冠婚葬祭をひとくくりにして
「交通費がでないなんて失礼だ!」
という方がいますが、この人がそもそも失礼です。


とはいえ遠方から来られる方の負担ということも考えて
喪主側から何かお返しをするということは選択肢に入る
でしょう。

あくまで喪主側が率先してというものですね。


【遠方からの参列者へのお返しをしたいという場合】


高齢であまり急な移動ができない人(主に親族)がいる
という場合には、ホテルの手配ぐらいはしたほうがいいかもしれません。

ただし、交通費を現金でというとマナーがなっていない
と思う高齢の方もいるので注意が必要です。

どうしても金品をという場合には別の名目でというのがいいでしょう。


参列していただいたお礼ではなく、
お歳暮やお中元といったもので感謝の意を伝えるとよいでしょう。


スポンサードリンク

【例外】


親族(家)の風習として、
これまで交通費を出すというのが決まりだった。

こういった場合には準備しましょう。

これは自分が葬儀に出席した時にもわかりますし、
事前に親族に確認するといいでしょう。

「もらった記憶がない」という声が多ければなしで問題ないです。

逆に毎回交通費を出しているという「家」ですと、
すぐに出す出さないの結論はでるでしょう。


【まとめ】


葬式では交通費をださないといいましたが、
来ていただく神官の方やお坊さんにはお車代を出すのが基本で、
それについては斎場の方が説明してくれるはずです。

遠方から来た方に特別なお返しというのは必要ない
とお話ししましたが、香典返しはもちろん必要ですから
注意しておきましょう。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式で写真を撮影する際のマナー

葬式に参列したことがあるという人ですと、 出棺の際に写真を撮っている風景を見たこ …

【葬式マナー】ご遺族への挨拶(お悔やみの言葉)

葬式にこれまで出席したことがないという方は 20代の方ですとかなり多いでしょう。 …

葬式費用はいくら掛かる?平均相場は?

同居の家族に不幸があると、 悲しむ間もなく葬儀の準備が始まります。 まだ亡くなっ …

葬式マナー お悔やみメールの書き方

お葬式というと、実際に会場に参列する際のマナー というものもかなり重要になります …

葬式で休暇ってどれくらい取ればいいの?

同居の家族や親戚に急な不幸が訪れた時、 ショックの次に来るのは 会社への休暇申請 …

葬式で香典の金額は?表書き、包み方も知りたい!

社会人として独立すると葬儀に参列する際は、 自分の感覚で香典をお包みしなければな …

葬式休みの取り方は?休む連絡を入れるべき?

急な訃報が届いて、私自身はどのような対応を とってよいのかわからないという方。 …

【葬式マナー】ネクタイ選びのコツ

冠婚葬祭、これは人生の中でも マナーや礼儀といったものが かなり重要視されるシー …

【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

祖父 祖母の葬式は休みを取っても参列するのが常識?

親族が亡くなったという場合、 親族総出でお葬式を行うというのが普通です。 しかし …