「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式で喪主の役割とは?喪主のするべきこと

   

一般参列者として葬式に参列するということは
社会人になると多くなってきます。

そういった中で、参列する側としての
マナーや礼儀といったものを調べて
自分のものにしているという方も多いでしょうが、
人生のうちで自分が喪主になること
というのがほぼ訪れるといっていいでしょう。


この葬儀の場での「喪主」というのは、
一般参列者とは違いいろいろな役割があるため、
これについて知っておきたいという方もいることでしょうから

『葬式で喪主の役割とは?』『喪主のするべきこと』
この2点についてお話しをしておきましょう。


スポンサードリンク



葬式で喪主の役割とは?


1.喪主と施主の役割の違いについて把握する
まず、施主というのは
葬儀費用を負担し、運営する人のことを指し示します。

喪主兼施主という場合もあるのですが、
父が亡くなり、母が喪主をつとめるという場合には、
施主を長男がつとめるということが多いようです。

喪主とは葬儀の儀式そのものを取り仕切る人になるため、
葬儀の儀式の中で挨拶等をしているのは喪主になります。


2.葬式で喪主の役割とは?
付き合いのあるお寺があれば、
住職さんに親族が逝去したことを伝え、葬儀への出席をお願いすることになります。

付き合いがあるお寺がなければ斎場側で用意してもらえることでしょう。


斎場関係者と、葬儀の形式や、日程について話をつめて、
神式なのか仏教式なのか会場の広さをどうするか?
友引が間に挟まっているが火葬はどうするか等ですね。


3.訃報を知らせる
親族や、関係者に逝去の知らせを届け、葬儀日程等をお知らせする。

死亡届を出し、火葬許可証をもらいに行き、
この時に生命保険や年金等の手続きをします。


4.挨拶
本番では故人に代わり、参列者にあいさつをすることになりますから
忌み言葉等を使わないということに注意する必要があります。

葬儀終了後、お礼のあいさつをしてまわります。


香典返しの準備、これは葬儀当日に渡すのか、
四十九日後に渡すのかということは事前に決めておきましょう。

基本的に葬式での喪主の役割は上記のものになります。


スポンサードリンク



喪主のするべきこと


喪主は、葬儀だけ終わらせればそれで終了というわけではなく、
法要等の儀式をとりしきる役目というのもあります。

四十九日や一周忌等の法要の準備やお知らせといったものも
やらなくてはいけないですから、
喪主になると葬儀以外にもやることがたくさんある
ということを知っておきましょう。


スポンサードリンク

 - 葬式 ,

  関連記事

葬式とお通夜、告別式の違いとは?

誰もが出席する機会がある儀式。 これにお葬式があります。 自身の親や親せきといっ …

キリスト教の葬式って仏教とどう違うのか?

ご自身は無宗教や仏教信仰者であっても、 キリスト教の知人が亡くなったら葬儀の参列 …

葬式マナー 訃報メールの書き方

社会人になると、冠婚葬祭の場に出席する ということが非常に多くなってきます。 こ …

葬式で失礼のない髪型とは?知っておきたいマナー

冠婚葬祭。 これは生きていく中で最も礼儀やマナーに 厳しい場であるということはイ …

葬式でお焼香のやり方とお焼香の順番は?

これから初めてのお葬式に出席する方、 以前出席したお葬式で失敗してしまったという …

【葬式マナー】失礼のない喪服とは?

礼儀やマナーといったものが最も大事となる場面、 これが冠婚葬祭であるということは …

葬式を欠席する際のマナー 正しい断り方とは

突然の訃報を受け、葬儀の日程を確認したら、 告別式がどうしても他の用事と重なって …

葬式で遠方からの参列者へお返しは?交通費は出す?

人生の中で、突然訪れて、準備がばたばたになり 思うように進めることが難しいという …

葬式の日取りで注意すべきこと

何も知識がないという状態でも、 お葬式というのは斎場の方が一から手順やマナー と …

葬式で香典の金額は?表書き、包み方も知りたい!

社会人として独立すると葬儀に参列する際は、 自分の感覚で香典をお包みしなければな …