「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

【葬式マナー】ご遺族への挨拶(お悔やみの言葉)

   

葬式にこれまで出席したことがないという方は
20代の方ですとかなり多いでしょう。

逆に小さいころはお葬式によく出ていたと思うけど、
社会人になってからのお葬式は初めてで
マナーとか全くわからない!

こんなふうに悩んでいる人もいますよね?
今回は、【葬式マナー】として
知っておくべきご遺族への挨拶(お悔やみの言葉)
について掲載しておきましょう。


スポンサードリンク

【ご遺族への挨拶(初級編)】


このお悔やみの言葉だけではありませんが、
基本的に葬式の場で使ってはいけない言葉
というのがあります。

「たびたび」「またまた」「続々」「次々」
「追って」「再び」「続く」「なお」「死亡」
「生存」「死ぬ」といったようにたくさんあります。


前半の部分は、葬式というのは縁起がいい儀式ではありませんから、
それが続くということをイメージする言葉は
極力使わない
ほうがいいとされています。

後半の部分は言い換えて対応するようになっています。

亡くなったことを表現する場合には
「ご逝去」生きている間の事を話す場合には
「ご生前」というふうにです。


これ以外にも忌み言葉はあるのですが、
最低限これぐらいは覚えておきましょう。


スポンサードリンク

【ご遺族への挨拶(実践編)】


では、どういったふうに挨拶するのかという点です。

「ご心中おさっし申しあげます。」
「心からお悔やみ申しあげます。」

等々の挨拶をまず最初にすることになります。

この後に、死亡原因等を聞くのはかなり失礼になります。


「生前はお世話になったこともあり、
 参列させていただきました。」

このように忌み言葉を避け
一言二言の会話におさめ受付をしましょう。

本当に親しい間柄というのでしたら、
忌み言葉に気を付けるだけでいいでしょう。


受付をすると香典返しを受け取ることもあるのですが、
この時に「ありがとうございます。」これだけは控えましょう。

基本的に「恐れ入ります。」か「ご丁寧に」が基本です。


香典返しについては、四十九日後に渡すか、
葬式の当日に渡すかということは地域によって変わりますから、
一応心構えだけはしておいてください。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式後にお清め塩する必要はある?お清め塩の仕方とは?

葬式に関するマナーというものや、 色々なしきたりがあるんだなということは すでに …

葬式の日取りで注意すべきこと

何も知識がないという状態でも、 お葬式というのは斎場の方が一から手順やマナー と …

葬式と法事の違いとは?

冠婚葬祭。 この中でも結婚式やお葬式といったものは 出席したことがないという方で …

葬式マナー 訃報メールの書き方

社会人になると、冠婚葬祭の場に出席する ということが非常に多くなってきます。 こ …

【葬式のマナー】香典の正しい書き方と香典の相場

急な訃報が届くと故人への悲しみや思い出と共に 葬儀への準備で慌ててしまう事があり …

葬式の基本的な流れを知っておこう!

結婚式には結構な数出席したけれども、 葬式という場には縁があまりなく、就職して数 …

葬式を欠席する際のマナー 正しい断り方とは

突然の訃報を受け、葬儀の日程を確認したら、 告別式がどうしても他の用事と重なって …

葬式が夏にある場合の服装はどうする?半袖でも大丈夫?

お葬式は基本的に喪服であり、 黒い服装でないと失礼になる。 このような意識は殆ど …

葬式と告別式の違いとは?

日常会話の中で、 「~の葬式に参列してきた。」 「告別式に先日行ってきた。」 こ …

葬式マナー お悔やみメールの書き方

お葬式というと、実際に会場に参列する際のマナー というものもかなり重要になります …