「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

祖父 祖母の葬式は休みを取っても参列するのが常識?

      2014/11/13

親族が亡くなったという場合、
親族総出でお葬式を行うというのが普通です。

しかし、

中には、葬式なんて親兄弟だけ出ていればいい
と思っている人がいるようです。


「祖父 祖母の葬式は休みを取っても参列するのが常識?」

このような質問があることからもわかるように、
意外と葬式に参加する人の範囲というものが
わかっていない人がいる
ようですから、
少し葬式への参加ということをご説明したいと思います。


スポンサードリンク

「葬式への参加の常識」


・親兄弟
参列するかどうかということについてですね。

まず、親兄弟のお葬式に出席しないというのは
マナー違反というよりか常識的に考えて考えられません。

会社に親兄弟の葬式で休みがとれないということはほぼないといっていいでしょう。


・祖父祖母
これも常識といっていいでしょう。

出席しない場合としては幼少からあったことがないという場合ですね。

この場合ですと、葬式にだけ出席すると言うこと自体が
マナー違反になってしまう可能性があります。


スポンサードリンク

「それ以外の親族」


基本的に、6親等以内の血族と3親等以内の姻族については、
つながりがある場合、葬式は会社の休みをとってでも参加する必要があります。

・6親等以内の親族って?
自分からみて「またいとこ」にあたる人まで基本的に親族になります。

「父・母」「祖父・祖母」「自分より上の世代6代」
「伯叔高祖父母」「伯叔曾祖父母」「伯叔従祖父母」
「伯叔父母」「いとこ」「またいとこ」「めい」
「めい孫」「従めい」「従めい孫」「曾めい孫」「玄めい孫」


・3親等以内の姻族
自分からみて「配偶者の父母」「配偶者の祖父母」
「配偶者の曾祖父母」「配偶者の伯叔父母」「配偶者の兄弟」「甥めい」

基本的にここまでの範囲は血族として法的にも扱われており、
付き合いが少しでもあるというのであれば、
葬式に出席する「義務」があると考えてよいでしょう。

出席しなければ、「あそこのだれだれはこなかった。」
こういったことを一生言われ続けることになると言われています。


【まとめ】


祖父・祖母の葬式というのは、基本的に自身が重篤な状態にある
というわけでなければ、休みを取ってでも参列するのが常識となっています。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式での御霊前マナー

葬儀にこれまで出席したことがなく、 急な訃報でいそいで葬儀に 参列する準備をしな …

葬式で写真を撮影する際のマナー

葬式に参列したことがあるという人ですと、 出棺の際に写真を撮っている風景を見たこ …

葬式で真珠などのアクセサリーは着けたほうがいい?

葬式というのは、様々な冠婚葬祭の儀式があるなかでも、 マナーや礼儀といったものが …

葬式で言ってはいけない忌み言葉とは?

日常生活の中でも 「縁起が悪い言葉」として敬遠されている そんな言葉がいくつかあ …

葬式の日取りで注意すべきこと

何も知識がないという状態でも、 お葬式というのは斎場の方が一から手順やマナー と …

【葬式のマナー】親族として参列する際のポイント

親族として葬儀に参列するという機会は そうそうにありませんし、 あっても困ってし …

葬式で失礼のない髪型とは?知っておきたいマナー

冠婚葬祭。 これは生きていく中で最も礼儀やマナーに 厳しい場であるということはイ …

【葬式マナー】失礼のない喪服とは?

礼儀やマナーといったものが最も大事となる場面、 これが冠婚葬祭であるということは …

【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

葬式でお供え物は何を用意するべき?

お葬式というと、その地域の風習や、宗教等々、 事前にある程度知っておくべき情報 …