「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式で香典、参列のお返しは必要?何が喜ばれる?

   

自分の親族内で葬儀があった場合、頂いた香典に対しての
お返しで悩まれる事もあるかと思います。

この香典返しという風習は、地域によって
大きく違います
ので、その地域の葬儀の行い方を
予め頭に入れてお考えになった方が良いようです。


自分の独身時代に住んでいた場所やご実家の風習と、
嫁いだ先の風習が違い、土壇場で家族と揉めて
嫌な思いをするような事もあるようです。

そのため、何事もない時に風習はどうなっているのか、
ということを確認しておくと良い
でしょう。


スポンサードリンク

昔と今の香典返し


昔は葬儀社自体が少なかった為、自宅葬を行う地域が多くありました。

この場合は、全て遺族が中心となって親族や地域の方の協力を仰ぎ、
葬儀を行ってきましたので、香典の返礼品も遺族がご自身で選んで
手配しなければならない所がありました。

しかし、

現在では自宅葬というのはあまり聞かず、
どこも葬儀社が間に入り、手取り足取り準備をしてくれて、
場所や返礼品の手配も金額を指定するだけで
お任せできるようになっています。



香典返しの時期


即返しと後返しという方法があります。

即返しの場合は葬儀に会葬に来て受付で
香典を渡された際にお返しする物です。

もう少し詳しく言うと、その場で品物を渡してしまうと
葬儀中にその荷物を手荷物として会葬者が持ってなくてはならなくなり、
邪魔になってしまいますので、その場では返礼品の引換券のような物を
お渡ししておき、帰宅の際に交換していただくようになります。


後返しの場合には仏教で言う49日や神道で言う
50日祭りの忌明けにお返しするという方法になります。

昔は即返しが主流でしたが、現在は宅配便等が
普及しているため後返しも多くなっています。

しかし、

即返しにしても後返しにしても
メリットとデメリットがそれぞれにあります。

即返しは後から金額に応じて
返礼をする手間がなくて済むというメリット

香典が3000円の人も50000円の人も
同じ返礼品になってしまうというデメリットです。

また、

後返しはいただいた香典に見合った返礼品が渡せるというメリット

葬儀後も会葬名簿と香典の金額を
確認しなければならないというデメリット
があります。


スポンサードリンク

貰った金額の差は?


即返し、後返しのみに固執してしまうと
どちらにもデメリットがあるので
両方を上手に使うという方法もあります。

先に書いたように香典返しの目安は3分の1から2分の1ですから
1500円程度の物を先に即返しにしておいて
5千円以上いただいた方のみに後返しをするという方法もあります。

また、3000円程度の物を即返しにして10000円を超える
高額香典をいただいた方のみに後返しをするなど、
即返しと後返しの併用で上手に分ける事も可能です。



どういう物が喜ばれるの?


マナーとして言えば、
不祝儀のお返しは残る物は良くないとされています。

使用して無くなる物、
つまり後に残らない物をお返しするというマナーがあります。

ですので、正直に言ってしまえば、
香典返しの品物はあまり選ぶ余地がありません。

葬儀社で用意できる物は余分が出た時にお返しする事ができるよう
残っても大丈夫な物が多く取り扱われております。

また消費できて日もちのする物と考えると、
やはり乾燥海苔やお茶といった品物が多く出回っています。

※参考例

喜ばれる物に重点を置いて考えたいという場合には、
カタログギフトなどにして相手方に
好きな物を選んでいただくという方法もあります。


香典返しは葬儀に参列してくださった方への
感謝の気持ちですので、基本的にはお渡しした方が良い
です

しかし、

地域的な風習で香典返しは行わない場所や、
故人が大黒柱で残された遺族小さいお子様などがいる場合は
今後にお役立て下さいという意味で香典返しを辞退される方も
中にはおりますので、そういった場合には相手のお気持ちを
有り難く受け入れ、お礼状のみお渡しする形でも問題はありません。

まずは地域的に皆様がどのようにされているか
葬儀社の方に伺ってみるのも必要ですね。



スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

Print
【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

1113-4
葬式を身内だけでする場合の流れ、準備とは?

最近は、葬式を大きく行わず 小さく行う場合というのが増えているそうです。 葬儀、 …

Print
葬式の基本的な流れを知っておこう!

結婚式には結構な数出席したけれども、 葬式という場には縁があまりなく、就職して数 …

1010-4
葬式で休暇ってどれくらい取ればいいの?

同居の家族や親戚に急な不幸が訪れた時、 ショックの次に来るのは 会社への休暇申請 …

0220-1
葬式で嫁の役割は?失礼のない立ち振る舞い

お葬式に出席する場合、 いわゆる親兄弟孫といった人だけではなく、 「嫁」の役割と …

1012-4
葬式と告別式の違いとは?

日常会話の中で、 「~の葬式に参列してきた。」 「告別式に先日行ってきた。」 こ …

ƒt?ƒŠƒ“ƒg
葬式が夏にある場合の服装はどうする?半袖でも大丈夫?

お葬式は基本的に喪服であり、 黒い服装でないと失礼になる。 このような意識は殆ど …

Print
【葬式のマナー】香典の正しい書き方と香典の相場

急な訃報が届くと故人への悲しみや思い出と共に 葬儀への準備で慌ててしまう事があり …

1025-2
葬式は大安とかぶらない日取りにするべき?

冠婚葬祭については、やっていい日取り、 またはできればやめたほうがいい日取りがあ …

0216-1
葬式で真珠などのアクセサリーは着けたほうがいい?

葬式というのは、様々な冠婚葬祭の儀式があるなかでも、 マナーや礼儀といったものが …