「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式後にお清め塩する必要はある?お清め塩の仕方とは?

   

葬式に関するマナーというものや、
色々なしきたりがあるんだなということは
すでに理解している人も多いでしょう。

お葬式に関するマナーについて理解していても、
お葬式の日にやらなければいけない事というと
見逃しがちになっているようですから、

そのうちの一つである、「お清めの塩」

これについてお話ししましょう。


葬式後にお清め塩する必要はある?
お清め塩の仕方とは?

といったことですね。


スポンサードリンク

【お清めの塩の意味】


葬式の際にお清めの塩をもらうことがあるでしょう。

これは今ではあまり意識されていないことではありますが、
亡くなるということは穢れであり、
それを自宅に持ち込まないためにも体を清めないといけない

こういった意図から、海水は身を清める効果がある
昔から活用されてきたこともあって、
自宅に入る前に自身にふりかけて身を清めるという
儀式が行われるようになりました。


元々は神道系の儀式になるのですが、
今では仏教系のお葬式でも清めの塩は配られることが多いです。


【お清めの塩の仕方】


基本的に家族がいるという場合には敷居をまたぐ前に
背中・足元・背中の三部位にふりかけてもらいます。

一人暮らしという場合には自分でやらなければいけませんが、
自分でやったからダメというわけではないそうで、
人にやってもらうのは慣習上そうなっているというだけのようです。


スポンサードリンク

【例外】


浄土真宗については、死について穢れという概念がないため、
お清めの塩を使う必要がない
という立場にたっているため、
お清めの塩が配られないこともあります。

これについて自身の宗教と故人の宗教どちらを優先するか
という問題がありますが、それについては
自身の宗教を優先してよいということですから
浄土真宗ではないという場合には、自身で塩を用意して、
お清めの塩をしておくほうがよい
ということです。


【まとめ】


葬式後のお清めの塩は、死ということを穢れと認識しており、
それを自宅に持ち込むということは縁起が悪いため、
葬儀後自宅に帰るときには塩をふりかけて清めるということですね。

若い人ですと、もらった塩を何につかうのかわからず、
盛り塩と混同しがちですから注意するようにしてください。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式を欠席する際のマナー 正しい断り方とは

突然の訃報を受け、葬儀の日程を確認したら、 告別式がどうしても他の用事と重なって …

葬式の日取りで注意すべきこと

何も知識がないという状態でも、 お葬式というのは斎場の方が一から手順やマナー と …

葬式を友引にしてはいけない理由とは?

親族や友人が亡くなった時。 お葬式というものが必ず といっていいほど開催されます …

葬式は大安とかぶらない日取りにするべき?

冠婚葬祭については、やっていい日取り、 またはできればやめたほうがいい日取りがあ …

葬式を身内だけでする場合の流れ、準備とは?

最近は、葬式を大きく行わず 小さく行う場合というのが増えているそうです。 葬儀、 …

祖父 祖母の葬式は休みを取っても参列するのが常識?

親族が亡くなったという場合、 親族総出でお葬式を行うというのが普通です。 しかし …

葬式で嫁の役割は?失礼のない立ち振る舞い

お葬式に出席する場合、 いわゆる親兄弟孫といった人だけではなく、 「嫁」の役割と …

【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

葬式費用はいくら掛かる?平均相場は?

同居の家族に不幸があると、 悲しむ間もなく葬儀の準備が始まります。 まだ亡くなっ …

葬式が夏にある場合の服装はどうする?半袖でも大丈夫?

お葬式は基本的に喪服であり、 黒い服装でないと失礼になる。 このような意識は殆ど …