「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式の相場費用はいくら?【最新データ版】

      2014/10/25

葬式というとかかる費用がピンキリで、
実際に明細を見ても何のお金かよくわからない
というものが実際にあります。

もうすでに明日明後日に葬式をしないといけない
という場合ですと悠長に調べものをしている時間もないでしょうが、
これからのために葬式について知っておきたいという方向けに、
葬式の相場費用はいくら?ということを
【最新データ版】を参考にお知らせしておきましょう。


スポンサードリンク

【葬式にかかる相場費用(基本)】


まず、盛大な葬式となると本当にピンキリの
ピンが飛び出た感じなりますから
平均的な葬式費用の相場ということを掲載しておきます。


平成24年の葬儀費用の平均は約188万円、
そのうち、葬儀そのものにかかる費用が約122万円となっています。

一方で平成22年の葬儀の相場費用というと、
葬儀費用の平均で約199万円、葬儀そのものの費用で
約126万円ということになっています。

およそ2年の間に葬儀費用が10万円程度下がっている
ということがこのデータからわかるかと思います。
(日本消費者協会データ)


スポンサードリンク

【今後の葬式の相場費用の流れ】


近年はイオンが葬式サービスに参入する等々の発表があったように、
葬式にかかる費用が下がる傾向にあることは間違いないと思います。

また、葬儀業界の明細の不透明さというものも
メディア等々で指摘されるようになってきており、
それに加えて平成23年には消費者庁が、
葬儀事業者による葬儀費用の表示の適正化
という文書を出しています。


つまり、国としても葬儀費用にかかっている費用は
これまでは漠然としていてもOKだったけど、
これから厳しく表示のチェックをしていくよ
という意思表示の現れであり、
それが現在の価格にも転嫁されているといっていいでしょう。


【まとめ】

そうはいってもあの手この手でお金をとろうとする
そのような葬儀業者がいる
ということも事実ですから、
明細の項目一つ一つをきちんとチェックするというのは
これからも必要な作業になるかと思います。

※その他、世界の葬式費用


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式での御霊前マナー

葬儀にこれまで出席したことがなく、 急な訃報でいそいで葬儀に 参列する準備をしな …

葬式を友引にしてはいけない理由とは?

親族や友人が亡くなった時。 お葬式というものが必ず といっていいほど開催されます …

葬式とお通夜、告別式の違いとは?

誰もが出席する機会がある儀式。 これにお葬式があります。 自身の親や親せきといっ …

葬式の基本的な流れを知っておこう!

結婚式には結構な数出席したけれども、 葬式という場には縁があまりなく、就職して数 …

【葬式マナー】ネクタイ選びのコツ

冠婚葬祭、これは人生の中でも マナーや礼儀といったものが かなり重要視されるシー …

葬式と法事の違いとは?

冠婚葬祭。 この中でも結婚式やお葬式といったものは 出席したことがないという方で …

葬式費用はいくら掛かる?平均相場は?

同居の家族に不幸があると、 悲しむ間もなく葬儀の準備が始まります。 まだ亡くなっ …

【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

【葬式のマナー】服装は何を着ていったらいいの?失礼のない服装とは?

急に葬儀の出席予定ができてしまうと、 最初に考えるのは服装の疑問ではないでしょう …

【葬式のマナー】香典の正しい書き方と香典の相場

急な訃報が届くと故人への悲しみや思い出と共に 葬儀への準備で慌ててしまう事があり …