「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式でお供え物は何を用意するべき?

   

お葬式というと、その地域の風習や、宗教等々、
事前にある程度知っておくべき情報
というのがやはりあります。

高齢の方ですと、
たくさんのお葬式に出席していることもあって、
そういった事を経験則で対応することもできますが
すべての人がそうではないと思いますから、
葬式でお供え物は何を用意するべき?
ということを書いておきますね。


スポンサードリンク

「葬式でのお供え物(概要)」


まず、お供え物というのは宗教によって
多少の違いがある
のですが、代表的なものは、
「盛竜」「線香」「お菓子」「果物」「花環」「灯篭」
といったものがあります。

仏式のお葬式という場合には、
お菓子、蝋燭、線香、果物。これが代表的ですね。


神式のお葬式というと、お菓子、果物、お酒というようになります。

キリスト教の場合、お葬式で食べるものをお供えする
というよりかは生花をお供えとして準備することが多いようです。


「葬式でのお供え物の準備の仕方」一般的な場合


まず、お供え物は、お通夜の段階で
きちんと注文しておくことが必要です。

基本的にお亡くなりになられて、
通夜、葬式というまでそんなに日がないですからね。


通夜に出席するというのでしたら、
お供え物は、通夜の席で斎場関係者がパンフレット等を
用意していますから、そこから選ぶというのが代表的です。

通夜に出席しないという場合でも、斎場の場所、
会社名さえ把握していれば、電話での対応をしてもらえます。


スポンサードリンク

「葬式でのお供え物の準備の仕方」自分で用意したい人


お通夜でお供え物を自分で用意したいという場合ですと、
百貨店やお花屋さんに行くと準備してもらえます。

この場合、ある程度要望に沿った
お供え物というのを用意してもらえますから、
価格をおさえてよりいいものをという場合、
お花屋さんというのも選択肢です。


ただし、


葬式の会場準備の時間よりもはやく会場へ
届けてもらう
というのは必須になりますから注意して下さい。

また、一般的な花屋さんや果物屋さんでお願いする
という場合には、葬式のお供え物ということをきちんと説明して
【名札】をつけてもらう
ようにお願いしてください。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式マナー 訃報メールの書き方

社会人になると、冠婚葬祭の場に出席する ということが非常に多くなってきます。 こ …

葬式とお通夜、告別式の違いとは?

誰もが出席する機会がある儀式。 これにお葬式があります。 自身の親や親せきといっ …

葬式で喪主の役割とは?喪主のするべきこと

一般参列者として葬式に参列するということは 社会人になると多くなってきます。 そ …

葬式の相場費用はいくら?【最新データ版】

葬式というとかかる費用がピンキリで、 実際に明細を見ても何のお金かよくわからない …

葬式後にお清め塩する必要はある?お清め塩の仕方とは?

葬式に関するマナーというものや、 色々なしきたりがあるんだなということは すでに …

【葬式マナー】ネクタイ選びのコツ

冠婚葬祭、これは人生の中でも マナーや礼儀といったものが かなり重要視されるシー …

祖父 祖母の葬式は休みを取っても参列するのが常識?

親族が亡くなったという場合、 親族総出でお葬式を行うというのが普通です。 しかし …

葬式は大安とかぶらない日取りにするべき?

冠婚葬祭については、やっていい日取り、 またはできればやめたほうがいい日取りがあ …

葬式の日取りで注意すべきこと

何も知識がないという状態でも、 お葬式というのは斎場の方が一から手順やマナー と …

【葬式のマナー】服装は何を着ていったらいいの?失礼のない服装とは?

急に葬儀の出席予定ができてしまうと、 最初に考えるのは服装の疑問ではないでしょう …