「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

節分の歌に秘められた意味とは?

      2014/12/18

節分、
これは季節の変わり目の前日というのが
正式な意味合い
で、
豆まき等はそれに付随する風習として
日本の中で発展してきました。

毎年行う風習としては
お正月に匹敵するほど認知度が高いイベントですね。


「おにはーそと!ふくはーうち!」
この掛け声を知らないという人は日本人であればほぼいないでしょう。

今回はこの節分についての豆知識的なものを紹介しておきたいと思います。


スポンサードリンク

『節分の歌に秘められた意味とは?』


節分には、小学生や、幼稚園、そして保育園の児童は、
節分のたびに節分の歌を歌っていることでしょう。

この節分の歌には秘められた意味があると言われています。


『まめまき』


日本の代表的な節分の童謡ですね。

この歌の歌詞にも「鬼は外。福は内」というような歌詞が出てきます。

この歌は節分の豆まきということの意味を
わかりやすく説明している歌になります。


歌詞は

おにはそと ふくはうち
パラっ パラっ パラっ パラっ
パラっ パラっ パラっ パラっ
まめのおと おにはこっそりにげていく

おにはそと ふくはうち
パラっ パラっ パラっ パラっ
パラっ パラっ パラっ パラっ
まめのおと はやくおはいりふくのかみ


このような歌詞になっています。

節分の歌に秘められた意味というと非常に大げさではありますが、
この歌詞が、節分の豆まきの由来等もあらわしています。

豆の音に鬼が逃げていくという意味。


スポンサードリンク

『豆が表す意味』


これは豆は「魔目」とも言われているように
魔除けの効力があると信じられていて、
平安時代には、この豆で鬼の目をつぶして、
鬼門の節分で鬼を撃退した
と言われています。

最近は落花生等を使って節分の豆まきを行う家庭もあるようですが、
豆の音そのものを鬼は嫌がるということから、
より音の出やすい大豆を使うというのが節分の本来の姿だそうです。


そして福の神には「まめのおとはやくおはいりふくのかみ」
という歌詞がついていますが、こちらは、
もうわたしの内には鬼はおりませんから安心してうちに入ってきて、
今年一年をうちですごしてくださいね。

という意味合いがあるそうです。

「鬼は外、福は内」という言葉を見るとなんとなくわかると思いますが、
節分の歌にはこのような意味合いもあるということです。


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

恵方巻きの起源とは?なぜ、恵方巻きが食べられるようになったのか?

恵方巻き。 この食べ物は比較的新しい時期に全国的に 食べられるようになったと言わ …

節分は旧暦だと何月何日にあたるのか?

節分は、現在2月3日に行うのが通常であり、 これが当たり前ですよね。 この節分と …

節分に善光寺でイベントが開催される理由とは?

節分という季節の変わり目の儀式、 これの中で春の訪れを告げる節分、 現在の暦では …

節分の日とは一体どんな日なのか?

節分、これを漠然と理解しているという人は 子供だけではなく大人も多いことでしょう …

豆まきの歌の歌詞と起源について

豆まきというと、2月に 『鬼は~そと~。服は~うち。』 という掛け声のもと小さな …

豆まきで鬼を退治する理由と目的とは?

日本では、節分の日に豆まきで鬼を退治する という習慣がありますよね? ほとんどの …

節分のやり方を詳しく解説すると?

1年を通して日本では、古くから残る 伝統的な行事というのを行っています。 他の国 …

節分に行事を開催する地域や神社とその違いとは?

節分。このイベント(行事)は、 日本ではすでに1000年以上続いている行事であり …

恵方巻きは夏にも食べる?夏の恵方巻きについてまとめてみました!

恵方巻きというと、2月の節分に合わせて準備し、 その年の恵方の方角に向けて食べる …

節分と神社やお寺の意外な関係性とは?

「節分」 これはなにも一般家庭や学校、職場での邪気を祓う 豆まきのことだけをさし …