「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

節分は旧暦だと何月何日にあたるのか?

      2014/12/18

節分は、現在2月3日に行うのが通常であり、
これが当たり前ですよね。

この節分という行事は
西暦900年代から行われている風習
であり、
日本で行われている風習の中でも歴史のあるものになります。


こういった歴史がある風習というのは
『旧暦』というものが話の中に出てきて、
いつやるものなのかということが少しわかりにくくなっています。


そこで、節分は旧暦だと何月何日にあたるのか?
こういった声があることから、
旧暦と節分の関係についてお話ししておきたいと思います。

まず旧暦が何かということですね。


スポンサードリンク

「旧暦」


現在の暦とは違う一つ前の暦のことを旧暦と日本ではいいます。

日本では現在グレゴリオ暦が採用されており、旧暦と暦が異なっています。


日本の旧暦は「天保暦」であり、正式には「天保壬寅元暦」ですね。

いつから天保暦からグレゴリオ暦になったのかというと、
『明治6』年からであり、江戸時代までは天保暦が採用されていました。


「暦の違いによって何が起きるのか」


グレゴリオ暦と天保暦だと、小数点以下の小さい数字ではありますが
1年が太陽暦のほうが少し短いということがあります。

1年単位ですと違いは小さいですが、10年100年とみると
旧暦とグレゴリオ暦だと日にちのズレが生じるということですね。


『節分は旧暦だと何月何日になるのか』


まず、節分というのは、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことであり、
現在立春の節分の儀式が有名ですが、
春夏秋冬それぞれに節分があるということは知っておきましょう。

そして、

節分が旧暦とグレゴリオ暦で何月何日になるのか
というような話がありますが、基本的に、
これは天文学上のもので日にちが決定するので、
旧暦であれ、グレゴリオ暦であれ、その日付というのは変化します。


今の若い人ですと節分というと、2月3日という意識があるでしょうが、
1980年代以前を生きていたという方ですと2月の4日に
節分を経験したという人もいるでしょう。

そして、これから20年もすれば2月2日に節分が訪れるようになります。


『近々の節分の旧暦』


2015年の節分は「2014年12月15日」(友引)
2016年の節分は「2015年12月25日」(赤口)

このようになります。


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

恵方巻きは夏にも食べる?夏の恵方巻きについてまとめてみました!

恵方巻きというと、2月の節分に合わせて準備し、 その年の恵方の方角に向けて食べる …

豆まきのやり方を間違えているかも?正しい豆まきのやり方とは

ここ10年で節分のやり方 というのが様変わりしてきました。 昔ですと節分であれば …

節分に関西で行われていた習慣とは?

節分というと子供が2月3日に 「鬼はそと~!福は~うち!」と掛け声をかけながら …

節分の花と言えばどんな草花があるのか?

日本で、冠婚葬祭、 そして季節ものの儀式や風習を行うという場合、 その季節にあっ …

節分の文化の始まりと地方による違いとは?

転勤や引っ越しが多いという方ですと、 その土地その土地の風習で おもしろいものが …

節分を説明している英語の文章とは?

日本という国を外国人にわかってもらおう。 そして説明しようと考えた場合、 日本に …

節分を英語で分かりやすく説明すると?

日本に友人が遊びに来るという場合 できれば、日本独特の風習というものを 紹介して …

豆まきの由来とは?なぜ、節分に豆をまくのか?

今では毎年訪れる当たり前の行事。 これに『節分』があります。 日本にずっと住んで …

節分に恵方巻きを食べる由来とは?

最近は、全国どこでも節分になると、 『恵方巻き』の予約がはじまりますよね。 弁当 …

節分を説明する簡単な方法とは?

今ではなんの意識もせずに1月末になると、 節分の準備をしなきゃなと、 子供がいる …