「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

節分に柊を使うようになった理由と使用方法とは?

      2014/11/27

季節の変わり目の大きな行事

これには春の節分があります。

日本では、「おにはそと。ふくはうち。」
この掛け声のもと豆をまくという
風習があることはすでにご存知ですよね。


平安時代の追儺からはじまる日本の風習で、
悪い気(鬼)がでやすい春の節分に鬼退治(破魔)をする

ということが今日まで続いているということです。


さらに最近は地方の節分の風習というのも、全国に広まりつつあります。

邪気を祓うための「柊」や、1年の福を呼び込む「恵方巻き」
といったものが知られつつあります。

恵方巻きについて言えば、すでに全国区になっていますから、『柊』ですね。

節分に柊を使うようになった理由と使用方法とは?
これについて掲載しておきます。


スポンサードリンク

『節分と柊』


この柊を用いる節分は「柊鰯(ひいらぎいわし)」とも呼ばれていて、
現在では関東周辺の風習として残っています。

この柊を使う理由ですが、柊にも邪気を祓う効果があると言われていて、
豆と同じように鬼の目をつぶすことができるというのが大きな理由です。

しかし、

柊をおいておくだけでは鬼が自分から目をつぶしにくるわけはないですから、
鰯を餌に呼び寄せて柊で退治するというのが柊を使った節分のお祓いになります。


『節分の柊の使い方』


まず、柊を飾る場所ですが、これは玄関です。

玄関まで呼び寄せるのであって、
部屋の中まで呼び寄せてしまってはまったく意味がないです。

基本的には正月のしめ縄に鰯をさし、
それに柊の小枝を指したものを玄関に飾ります。

また、これを行う地域では節分には節分料理として
「鰯の料理」を用意するの風習のようです。


スポンサードリンク

『まとめ』


関東や関西の人ですと、結構な家庭が、この柊鰯を今でも行っています。

それ以外の地域から来た人ですとびっくりしてしまうでしょうが、
節分の柊にはこのような意味があるということはぜひ知っておきましょう。

ちなみに、柊や豆と同じように邪気を祓う効果があるものにニンニクがあり、
これらを節分の時期に節分料理として使うという地域もあるそうです。


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

節分の意味・由来を1分で解説

節分。小さいころはなんとなく 毎年冬が終わることに来るイベント という漠然とした …

節分でいわし(鰯)食べる理由は?どんないわし(鰯)料理がある?

節分というと、『豆まき』 そしてこの10年程度で、『恵方巻き』 といったものも全 …

節分と厄払いの関係性とは?

節分というのは小さな子供が、 邪気を払うために 豆をまいて家や学校を浄化するイベ …

節分を幼稚園で説明するのはどう説明すればいいのか?

家族全員で行う 日本のイベント、行事、儀式として 現在一般家庭に広く普及している …

節分を説明している英語の文章とは?

日本という国を外国人にわかってもらおう。 そして説明しようと考えた場合、 日本に …

恵方巻きの具材の種類と由来とは?何を入れれば縁起がいいのか?

恵方巻きと言えば、もうすでに 一般家庭にも浸透した風習と言えますよね? 昔ですと …

節分は2月2日だった?なぜ、節分の日付が変わるのか?

日本で毎年行われている年間行事として よく知られているものに『節分の豆まき』があ …

節分の日とは一体どんな日なのか?

節分、これを漠然と理解しているという人は 子供だけではなく大人も多いことでしょう …

豆まきの歌の歌詞と起源について

豆まきというと、2月に 『鬼は~そと~。服は~うち。』 という掛け声のもと小さな …

節分に落花生を撒くのはありか?なしか?

節分に豆まきをするという場合、 炒った豆(魔目)を使うというのが 古くからの習わ …