「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

節分は2月2日だった?なぜ、節分の日付が変わるのか?

      2014/12/14

日本で毎年行われている年間行事として
よく知られているものに『節分の豆まき』があります。

一般家庭で毎年のように行う
日本の年間行事というと正月、お盆、クリスマス。

こういったものと同じぐらい節分は認知度があります。


クリスマスについては除外しますが、日本で伝統的に行われてきた
行事や儀式といったものをきちんと次の世代に伝える必要性。

これが昨今とりだたされていますから、今回は節分に関すること。


・節分は2月2日だった?
・なぜ、節分の日付が変わるのか?
ということに記載しておきましょう。


スポンサードリンク

『節分の日付』


正確に言えば、日本では1年に4回の節分が訪れています。

一般的に行事として行われることが多い豆まきをともなう「節分」
これは立春の前日となっています。

しかし、

それ以外に3回、春夏の季節の変わり目、
夏秋の季節の変わり目、秋冬の変わり目も節分
になります。

これは節分そのものは季節の変わり目という意味であるためです。


また、この節分の日付は2月3日に固定されているというものではなく
太陽黄経の度数によって少しずつずれており、
2月2日に節分が来たり、2月4日に節分がきたりといったことが起きてきます。

現在、2月3日固定で節分が訪れているのは、ただの偶然で、
これから20年もすると、2月2日に節分が数年置きに訪れるようになります。

これは100年に一度ぐらいの周期での安定した節分の日付が
今になっているというだけということですね。


スポンサードリンク

『節分の日付のあれこれ』


上記は2月2日ということについてお話ししましたが、
過去2月2日に節分が訪れていたのは1882年から1900年の間になります。

また、それ以外にも1901年から1917年にはほぼ節分といえば
2月4日であり、2月3日に節分が訪れるのは4分の1程度だったそうです。

なお、2022年を超えてくると2100年まで、
2月3日よりも2月2日のほうが節分の日付として多くなると言われています。


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

節分の意味・由来を1分で解説

節分。小さいころはなんとなく 毎年冬が終わることに来るイベント という漠然とした …

節分は4日に開催されていた?なぜ、節分がズレるのか?

これからの季節、 節分の準備をはじめる家庭や学校 というのが増えてくるでしょう。 …

節分が3月3日にも開催されていた理由とは?

最近は、節分に関する知識をきちんと 下の世代に伝えようという動きが活発化していま …

節分は立夏も含まれる?立夏に行う事とは?

節分に関する勘違い。 これで最も多いのは「年に1回」、 2月に豆まきを行うイベン …

節分に神社で豆まきを始めた理由とは?

「豆まき」この言葉を見た時に、 農家の人でなければ節分の豆まきを まず思い浮かべ …

節分に歌う有名な歌って何?どんな歌詞?

小さいころ節分の時に幼稚園や小学校で 何か歌を歌った気がするんだけど どうもしっ …

節分を英語で分かりやすく説明すると?

日本に友人が遊びに来るという場合 できれば、日本独特の風習というものを 紹介して …

節分に大豆で豆まきをするようになったのは?

節分という風習は日本人の誰もが知っている そんな風習ですが、この節分という儀式に …

節分と立春の今さら聞けない意外な関係性とは?

1年の中で訪れる「節分」 これは『鬼は~外!。福は~内!』というように 声を出し …

節分は旧暦だと何月何日にあたるのか?

節分は、現在2月3日に行うのが通常であり、 これが当たり前ですよね。 この節分と …