「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

豆まきの歌の歌詞と起源について

   

豆まきというと、2月に
『鬼は~そと~。服は~うち。』
という掛け声のもと小さな子供達が
豆をまいている姿というのが
すぐに思い浮かびますよね。


日本では、平安時代。

およそ900年ごろから節分の儀式というのははじまったと言われていて、
その元となった儀式は『追儺』とよばれ、
今でも神社等の節分会では、この追儺の儀式が行われています。

そういった中で、いつの頃からか、節分の歌というのも広まりました。

ほとんどの方が節分の歌というとパッと思い浮かぶことでしょう。

今回は、この豆まきの歌の歌詞と起源についておはなしをしておきましょう。


スポンサードリンク

『豆まきの歌の歌詞』


童謡としてほとんどの人が知っている豆まきの歌の歌詞は

鬼は外。福は内。
パラッ。パラッ。パラッ。パラッ。
パラッ。パラッ。パラッ。パラッ。
豆の音。鬼はこっそり逃げていく。

鬼は外。福は内。
パラッ。パラッ。パラッ。パラッ。
パラッ。パラッ。パラッ。パラッ。
豆の音。はやくお入り福の神。

これが豆まきの歌の歌詞になります。


『豆まきの歌の起源』


まず、上記に書いた豆まきの歌の歌詞ですがこれの起源は、
昭和の時代に童謡として発表された
もので、
豆まきそのものの歴史を考えると新しいものになります。

これが幼稚園や保育園で歌われたことで、
多くの人が豆まきの歌としてこの歌を知っているということですね。

ちなみに、鬼は外福は内。という文言の起源は、
1447年と言われていて室町時代に瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)が
記した書物には記載されているということです。


スポンサードリンク

『まとめ』


よく知られている節分の歌の歌詞と起源ということについては
昭和の時代ということですが、鬼は外。福は内という文言自体は、
900年から続く鬼払いの儀式の中で、およそ500年かけて登場した
ということですね。

これが日本全土に広まったという起源を考えるのでしたら
江戸時代のはじめには節分の豆まきという風習が広まっていた
と記されています。

参考になりましたでしょうか?今ではあたりまえの『鬼は外。福は内。』
という掛け声も始めの頃から言われていたというわけではないということですね。



動画再生時間:00:49
出展元:https://www.youtube.com/watch?v=tN3wkS4i6lM


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

豆まきの意味と目的とは?なぜ、豆を食べるのか?

誰でも、2月が近づいてくると 節分の季節だな、豆を準備しないと、 このように考え …

節分は立夏も含まれる?立夏に行う事とは?

節分に関する勘違い。 これで最も多いのは「年に1回」、 2月に豆まきを行うイベン …

恵方巻きの由来と正しい食べ方を解説すると?

全国的な風習として、 昨今認知されることになった春の習慣に 『恵方巻き』というも …

節分でいわし(鰯)食べる理由は?どんないわし(鰯)料理がある?

節分というと、『豆まき』 そしてこの10年程度で、『恵方巻き』 といったものも全 …

節分のやり方を詳しく解説すると?

1年を通して日本では、古くから残る 伝統的な行事というのを行っています。 他の国 …

節分と中国の意外な関係性とは?

日本で行われている風習や年中行事の中で歴史があり 日本独自のものとして紹介される …

恵方巻きの方角は一定ではない?その理由とは?

節分が近づいてくると、 大豆を豆まきように準備すると同時に、 恵方巻きの予約とい …

節分が3月3日にも開催されていた理由とは?

最近は、節分に関する知識をきちんと 下の世代に伝えようという動きが活発化していま …

節分に大豆で豆まきをするようになったのは?

節分という風習は日本人の誰もが知っている そんな風習ですが、この節分という儀式に …

節分の日とは一体どんな日なのか?

節分、これを漠然と理解しているという人は 子供だけではなく大人も多いことでしょう …