「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

節分に大豆で豆まきをするようになったのは?

      2014/11/27

節分という風習は日本人の誰もが知っている
そんな風習ですが、この節分という儀式について
きちんとした意識を持っている
という方は少ないでしょう。


現在は、豆まきに加えて、
海苔巻きを恵方の方向に向けて食べたりする日
として「節分」は毎年行われるほうになっています。

この由来というか、節分に大豆で豆まきをするようになったのは?
どういう経緯があるのか。これについてお話ししておきましょう。


スポンサードリンク

『節分の豆まき』


まず、大豆が節分に使う豆の基本ということは知っていますよね。

これは平安時代、特に900年代に炒った豆で鬼を撃退したという話から
現在まで続いているということが豆まきの由来として最も大きなものになります。

当時は『追儺』と呼ばれていました。


しかし、それよりもっと以前というと、中国の獣を引き連れて邪気を退治する
という儀式が日本に渡ってきてそれが変化したものだと言われています。

邪気を祓うという意味での節分というと
中国由来のものであると考えてよいでしょう。


一方で豆まきはというと、日本独特の風習であり、
節分で大豆で豆まきを行ったのは日本からということになっています。

豆は「魔目」ともよめますよね?こういった言葉の力というのは
昔はかなり重要視されていて、これを鬼に投げることで
鬼の目を潰すことができると考えられてきました。


『節分で大豆』


ではなぜ、大豆が用いられてきたのか。

同じ豆であるえんどう豆や小豆といったものではダメなのか
と考える人も多いでしょう。

これについていえば、昔から、
何の豆を使うのかというのは地域差があったようです。


比較的収穫量の多い大豆が用いられることが多く、
それ以外の豆の収穫量が多い地域では大豆以外の豆も使われていたようです。

ただし、鬼を祓った豆から芽が出るのは縁起が悪いため、
どんな穀物でも加工してまいていたようです。


スポンサードリンク

『節分での豆の最近』


大豆を炒って豆をまくというのが伝統的な豆まきですが、
最近は落花生等をまく地域や家といったものが多くなっているようです。


まいた豆をあとで食べるので衛生的な面,
片づけが楽な点から選ばれているようです。

落花生を使った豆まきという場合には伝統的なものというよりかは
利便性がよく代替性があるということで選ばれているということですね。


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

恵方巻きは夏にも食べる?夏の恵方巻きについてまとめてみました!

恵方巻きというと、2月の節分に合わせて準備し、 その年の恵方の方角に向けて食べる …

節分に恵方巻きを食べる由来とは?

最近は、全国どこでも節分になると、 『恵方巻き』の予約がはじまりますよね。 弁当 …

節分に京都で開催される有名なイベントは?

節分というと、小さな子供が、豆をまいて邪気を払う という風習だということは、小さ …

節分と厄払いの関係性とは?

節分というのは小さな子供が、 邪気を払うために 豆をまいて家や学校を浄化するイベ …

節分は方角が重要?毎年変わる恵方巻き方角とは?

近年、全国的なイベントとして 周知されるようになった習慣に 「節分の恵方巻き」が …

節分に鬼退治をするようになった理由

節分の定番というと、子供たちが 「鬼は~~~~外!。福は~~~~~内!」 という …

豆まきの意味と目的とは?なぜ、豆を食べるのか?

誰でも、2月が近づいてくると 節分の季節だな、豆を準備しないと、 このように考え …

恵方巻きの方角には決め方があった!そのルールとは?

恵方巻きを食するというのは、基本的に節分であり、 1年に1回というイメージが強い …

節分の歌に秘められた意味とは?

節分、 これは季節の変わり目の前日というのが 正式な意味合いで、 豆まき等はそれ …

豆まきで鬼を退治する理由と目的とは?

日本では、節分の日に豆まきで鬼を退治する という習慣がありますよね? ほとんどの …