「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

豆まきの意味と目的とは?なぜ、豆を食べるのか?

   

誰でも、2月が近づいてくると
節分の季節だな、豆を準備しないと、
このように考えることでしょう。

立春の節分は古くから、鬼退治の儀式として、
豆まきをするという習慣が日本ではありますね。


このページをみている人の中にはこれまでなんとなく
豆まきをしてきたけど、なんで豆まきなんてするんだろう?
と疑問に思って、調べて来た人がほとんどでしょう。

そんな方々に豆まきの意味と目的とは?
なぜ、豆を食べるのか?
ということをお知らせしておきたいと思います。


スポンサードリンク

『豆まきをする意味と目的』


最初に、豆まきをする意味。これですね。

この豆まきという習慣は平安時代の中ごろに始まったと言われていて、
鞍馬山という今の京都市の左京区にある山に鬼が頻繁に出たことから、
節分に、豆を用いて鬼を退治したというお話しから
豆まきをするようになったと言われています。


これは、立春の前日というのは邪気が蔓延しやすく、
何も対処しないと病気や事故にあってしまう可能性が高い

これがあるために一般家庭でも邪気払いの儀式として豆をまいて
鬼(邪気)を退治しようということで全国に広まったと言われています。

ですから豆をまくときに「鬼は外。福は内。」
というような掛け声をするのは豆まきそのものの意味と目的を指し示しており、
豆まきをすることで鬼(邪気)を追い出すということを表しています。


スポンサードリンク

『なぜ豆を食べるのかということ』


豆まきに用いる豆は炒って食べるということが日本の習慣となっています。

これは、鬼を祓うことができた豆そのものが、
節分を通して「福豆」に変化し、縁起の良い物にその日はなると考えられたために
年の数だけ福豆を食べてよいということになったそうです。

また、この豆まきに使った豆から芽が出るのは非常に縁起が悪いとも
同時に考えられていて、この芽を出させないために、
豆は事前に火を入れてから豆をまく、ということが習慣化されているという事です。


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

豆まきで鬼を退治する理由と目的とは?

日本では、節分の日に豆まきで鬼を退治する という習慣がありますよね? ほとんどの …

節分の豆の蒔き方と食べる量とは?

小さいころ学校や家で節分をやった という方は日本人であれば非常に多いでしょう。 …

豆まきの歌の歌詞と起源について

豆まきというと、2月に 『鬼は~そと~。服は~うち。』 という掛け声のもと小さな …

節分に柊を使うようになった理由と使用方法とは?

季節の変わり目の大きな行事。 これには春の節分があります。 日本では、「おにはそ …

節分は2月2日だった?なぜ、節分の日付が変わるのか?

日本で毎年行われている年間行事として よく知られているものに『節分の豆まき』があ …

節分に京都で開催される有名なイベントは?

節分というと、小さな子供が、豆をまいて邪気を払う という風習だということは、小さ …

節分は旧暦だと何月何日にあたるのか?

節分は、現在2月3日に行うのが通常であり、 これが当たり前ですよね。 この節分と …

節分に恵方巻きを食べる由来とは?

最近は、全国どこでも節分になると、 『恵方巻き』の予約がはじまりますよね。 弁当 …

節分に恵方巻きを食べる方角は?

ここ15年の間に、節分というと、 有名人のまめまき、そして日舞奉納、狂言奉納、神 …

節分と中国の意外な関係性とは?

日本で行われている風習や年中行事の中で歴史があり 日本独自のものとして紹介される …