「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式の相場費用はいくら?【最新データ版】

      2014/10/25

葬式というとかかる費用がピンキリで、
実際に明細を見ても何のお金かよくわからない
というものが実際にあります。

もうすでに明日明後日に葬式をしないといけない
という場合ですと悠長に調べものをしている時間もないでしょうが、
これからのために葬式について知っておきたいという方向けに、
葬式の相場費用はいくら?ということを
【最新データ版】を参考にお知らせしておきましょう。


スポンサードリンク

【葬式にかかる相場費用(基本)】


まず、盛大な葬式となると本当にピンキリの
ピンが飛び出た感じなりますから
平均的な葬式費用の相場ということを掲載しておきます。


平成24年の葬儀費用の平均は約188万円、
そのうち、葬儀そのものにかかる費用が約122万円となっています。

一方で平成22年の葬儀の相場費用というと、
葬儀費用の平均で約199万円、葬儀そのものの費用で
約126万円ということになっています。

およそ2年の間に葬儀費用が10万円程度下がっている
ということがこのデータからわかるかと思います。
(日本消費者協会データ)


スポンサードリンク

【今後の葬式の相場費用の流れ】


近年はイオンが葬式サービスに参入する等々の発表があったように、
葬式にかかる費用が下がる傾向にあることは間違いないと思います。

また、葬儀業界の明細の不透明さというものも
メディア等々で指摘されるようになってきており、
それに加えて平成23年には消費者庁が、
葬儀事業者による葬儀費用の表示の適正化
という文書を出しています。


つまり、国としても葬儀費用にかかっている費用は
これまでは漠然としていてもOKだったけど、
これから厳しく表示のチェックをしていくよ
という意思表示の現れであり、
それが現在の価格にも転嫁されているといっていいでしょう。


【まとめ】

そうはいってもあの手この手でお金をとろうとする
そのような葬儀業者がいる
ということも事実ですから、
明細の項目一つ一つをきちんとチェックするというのは
これからも必要な作業になるかと思います。

※その他、世界の葬式費用


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

葬式に妊婦は参列出席してはいけないのか?

お葬式というのはできれば、出席する機会がなければ ないにこしたことはありません。 …

葬式を身内だけでする場合の流れ、準備とは?

最近は、葬式を大きく行わず 小さく行う場合というのが増えているそうです。 葬儀、 …

【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

葬式でお供え物は何を用意するべき?

お葬式というと、その地域の風習や、宗教等々、 事前にある程度知っておくべき情報 …

葬式で遠方からの参列者へお返しは?交通費は出す?

人生の中で、突然訪れて、準備がばたばたになり 思うように進めることが難しいという …

【葬式マナー】ご遺族への挨拶(お悔やみの言葉)

葬式にこれまで出席したことがないという方は 20代の方ですとかなり多いでしょう。 …

葬式は大安とかぶらない日取りにするべき?

冠婚葬祭については、やっていい日取り、 またはできればやめたほうがいい日取りがあ …

葬式後にお清め塩する必要はある?お清め塩の仕方とは?

葬式に関するマナーというものや、 色々なしきたりがあるんだなということは すでに …

葬式で言ってはいけない忌み言葉とは?

日常生活の中でも 「縁起が悪い言葉」として敬遠されている そんな言葉がいくつかあ …

葬式とお通夜、告別式の違いとは?

誰もが出席する機会がある儀式。 これにお葬式があります。 自身の親や親せきといっ …