「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

結婚式の余興で感動(サプライズ)させたい!

   

大事な友人の結婚式に出席するとなった時。

余興を頼まれるということもしばしばあるでしょう。

この余興を頼まれたという段階になると、
どうにかして余興を盛り上げて
感動(サプライズ)させたい!

このように考える人が多いと思います。


この結婚式の余興で感動させるということは
自分一人や仲間内で考えているだけでは、非常に難しいです。

ただ感動させるだけならまだしも
サプライズとなると、結構難しいです。


そこで、結婚式の余興で感動(サプライズ)させたい!
と思っている方に『成功例』を紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

【動画編】


主にスライドショーですね。

これは昔の写真を友人等からかき集めて並べるだけでも
正直結婚式という場でなら感動
します。

しかし、

これにサプライズとなると少し難しくなります。



・ショートムービー


友人一人一人からのショートムービーを間に挟む。

これは会場にこれなかった友人を含みます。

これは演出の仕方にもよりますが、
その「友人との思い出の場所めぐり」
これが評価が高いようです。



・スライドショー


幹事と連絡をとりあって、つながりがない友人同士が
一同にかいして、歌を歌う動画に合わせてスライドショーを写す。

これは見ただけでその手間がわかりますから、
サプライズで感動してもらえることも多いようです。


スポンサードリンク

・フラッシュモブ


ショートムービーが途中で終了し、その後会場内でフラッシュモブが起きる。

これはテレビ等でも話題になったのでご存知の方が多いでしょう。

全員に打ち合わせということができれば一番いいですが、
最近はフラッシュモブ専用のイベント会社等もありますから、
お金があればそういったところにお願いするのもいいでしょう。

フラッシュモブ企画代行業者なるものもあるので参考程度に
⇒ http://www.emotionrise.com/



「おもしろ編」

・プロを呼ぶ


最近はプロの方を呼ぶことができる企画会社等がたくさんあります。

「エスパー伊東」さんや、「ダンディ坂野」さんなどはおなじみですね。

こういった方々のものまねを友人たちがして、その後に本人登場。

これはかなりサプライズになります。

しかし、地方となると呼ぶコストが高くなるので、
その点には注意が必要。



・テレビ企画に応募する。


これは受かるはずなんてないと思う人が多いのですが、
おじゃマップのような結婚式サプライズ演出で有名な番組でも、
意外と企画が通りやすい
と言われています。

これは新郎新婦縁者等々の了承が得られるかということが
大きなハードルになるので応募数自体が
それほど多くないというのが原因でしょう。

了承がとれるのであればこういったものを頼むのも
方法の一つかと思います。

こうなるとかなり大がかりなことができますよ。



スポンサードリンク

 - 結婚:結婚式

  関連記事

045617
結婚式を大安にする理由とは?その他はNGなのか?

若い年代、特に10代、20代で 結婚を考える方になると「六曜」 といったものにな …

0924-1
結婚式でよくあるトラブルベスト5

結婚式を成功に終わらせたい。 新郎新婦、親類、ゲスト全ての人が そう考えているこ …

0923-2
結婚式にぬいぐるみの祝電を送る方法

昔は電報や祝電といったものは NTTだけが行っているサービス というイメージが強 …

1013-3
【結婚式のマナー】列席と参列の使い分け方

結婚式だけではなく、人が集まる場所であれば、 聞いたことがあるであろう言葉に 「 …

0924-2
結婚式にふさわしい爪(ネイル)のデザインは?

結婚式を迎えるために行う 新婦側の準備というと新郎に比べて 非常にたくさんのもの …

1014-1
結婚式の余興で盛り上がるダンスを紹介します【男性版】

結婚式で余興を頼まれたけど、 普通に歌うのだけではものたりない。 どうせなら場の …

1015-5
【結婚式のマナー】水引って何?

結婚式の準備をする上で、かなり注意を払って 準備する必要があるものに『祝儀袋』が …

0922-7
結婚式のお車代の相場基準は?!いつ渡すべき?

結婚式に参加するというのは、 そう何度もあるものではないですよね。 親戚や家族に …

0925-2
披露宴の受付で気をつけるべき5つのポイント

結婚式の招待状が届き、おめでたい! と出席するよう予定を組んでいたら、 【受付】 …

1006-2
結婚式までに痩せる方法を紹介します

女性であれば一度はダイエットに チャレンジしたことがあるという人がほとんどでしょ …