「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式後にお清め塩する必要はある?お清め塩の仕方とは?

   

葬式に関するマナーというものや、
色々なしきたりがあるんだなということは
すでに理解している人も多いでしょう。

お葬式に関するマナーについて理解していても、
お葬式の日にやらなければいけない事というと
見逃しがちになっているようですから、

そのうちの一つである、「お清めの塩」

これについてお話ししましょう。


葬式後にお清め塩する必要はある?
お清め塩の仕方とは?

といったことですね。


スポンサードリンク

【お清めの塩の意味】


葬式の際にお清めの塩をもらうことがあるでしょう。

これは今ではあまり意識されていないことではありますが、
亡くなるということは穢れであり、
それを自宅に持ち込まないためにも体を清めないといけない

こういった意図から、海水は身を清める効果がある
昔から活用されてきたこともあって、
自宅に入る前に自身にふりかけて身を清めるという
儀式が行われるようになりました。


元々は神道系の儀式になるのですが、
今では仏教系のお葬式でも清めの塩は配られることが多いです。


【お清めの塩の仕方】


基本的に家族がいるという場合には敷居をまたぐ前に
背中・足元・背中の三部位にふりかけてもらいます。

一人暮らしという場合には自分でやらなければいけませんが、
自分でやったからダメというわけではないそうで、
人にやってもらうのは慣習上そうなっているというだけのようです。


スポンサードリンク

【例外】


浄土真宗については、死について穢れという概念がないため、
お清めの塩を使う必要がない
という立場にたっているため、
お清めの塩が配られないこともあります。

これについて自身の宗教と故人の宗教どちらを優先するか
という問題がありますが、それについては
自身の宗教を優先してよいということですから
浄土真宗ではないという場合には、自身で塩を用意して、
お清めの塩をしておくほうがよい
ということです。


【まとめ】


葬式後のお清めの塩は、死ということを穢れと認識しており、
それを自宅に持ち込むということは縁起が悪いため、
葬儀後自宅に帰るときには塩をふりかけて清めるということですね。

若い人ですと、もらった塩を何につかうのかわからず、
盛り塩と混同しがちですから注意するようにしてください。


スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

【葬式のマナー】服装は何を着ていったらいいの?失礼のない服装とは?

急に葬儀の出席予定ができてしまうと、 最初に考えるのは服装の疑問ではないでしょう …

【葬式のマナー】香典の正しい書き方と香典の相場

急な訃報が届くと故人への悲しみや思い出と共に 葬儀への準備で慌ててしまう事があり …

葬式で喪主の役割とは?喪主のするべきこと

一般参列者として葬式に参列するということは 社会人になると多くなってきます。 そ …

葬式で嫁の役割は?失礼のない立ち振る舞い

お葬式に出席する場合、 いわゆる親兄弟孫といった人だけではなく、 「嫁」の役割と …

【葬式準備】連絡する順番は?どこまで連絡する?

親族が亡くなったという場合、 葬式準備をどのように行うのか? ということはかなり …

葬式の基本的な流れを知っておこう!

結婚式には結構な数出席したけれども、 葬式という場には縁があまりなく、就職して数 …

葬式と告別式の違いとは?

日常会話の中で、 「~の葬式に参列してきた。」 「告別式に先日行ってきた。」 こ …

葬式と法事の違いとは?

冠婚葬祭。 この中でも結婚式やお葬式といったものは 出席したことがないという方で …

葬式の日取りで注意すべきこと

何も知識がないという状態でも、 お葬式というのは斎場の方が一から手順やマナー と …

葬式に妊婦は参列出席してはいけないのか?

お葬式というのはできれば、出席する機会がなければ ないにこしたことはありません。 …