「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

葬式費用はいくら掛かる?平均相場は?

   

同居の家族に不幸があると、
悲しむ間もなく葬儀の準備が始まります。

まだ亡くなった実感もないのに、たった数日の間に
決めなくてはならい事がたくさんあり、
悲しみは全てが終わって一息ついた頃にやってくるようです。


こればかりは葬儀社に勤務している方以外は
経験豊富という事はありませんので
わからなくても言われるように行っていたら、
いつの間にか高額になっていた、なんて事もあるようです。

そこで何事もないうちから調べておくのも
ひとつの考え方ではないでしょうか?


スポンサードリンク

葬儀にかかる最低限の相場


まず葬儀社が打ち出す葬儀費用には
何が含まれているのかが疑問になると思いますが、
細かい部分は各葬儀社によって若干異なります。

それを前提にした目安としましては、

祭壇の費用18万程度~、棺5万程度~、
遺影写真3万程度、霊柩車3万程度~、
骨壷3万程度~、枕飾り3万程度~、

といった金額になっています。



含まれた費用が高くなってしまうのは?


上記の金額を加算していっても35万程度になりますが、
最終的にこれよりも高額になってしまうのはどうしてか、
その説明したいと思います。

まず、この金額で提示されるそれぞれのランクは、
その葬儀社が扱う一番低いランク、という事になります。


いざ、葬儀となりますと、
依頼した葬儀社から、ひとつの葬儀に対し
1、2名の担当者が付いてくれる形になります。

その担当者が打ち合わせの際に、祭壇なら祭壇、
棺なら棺とそれぞれのパンフレットを持参して来てくれます。

写真付きのパンフレットですので
18万の祭壇がどんな物で、グレードをひとつ上げる事で
どんな祭壇になるのかは一目瞭然になります。


良くできた物で、一番安価な祭壇はごくごくシンプル、
ひとつグレードを上げただけでだいぶ華々しさが加わります。

一番高価な祭壇になってくると
ギンギラでここまでしなくても・・・
というように見えますが、そうする事で遺族は、
ほんの少し上乗せすれば故人の最期を華々しく見送れる
という気持ちにもなり、ついついグレードを上げてしまいます。

棺や霊柩車、骨壷、枕飾りに関しても同じように言えます。


ただ遺影は修正に関してはサービスで、
何枚作るかで金額が変わる程度の場合が多く、
必要枚数以上に必要がないのであまり金額は前後しないでしょう。

こうして、それぞれのグレードを
気持ち1ランクずつ上げてしまう事で、
当初35万だった物が50万程度になる事も多いです。


スポンサードリンク

僧侶や宮司に支払う金額


先に打ち出した物だけでは葬儀は行えません。

葬儀には僧侶や宮司が読経しますので
(キリスト経であれば神父や牧師が祈りを捧げます)
その読経料として御礼をお包みするのがマナーになります。

この御礼の金額はその僧侶や宮司によって、
または地域性によって違ってきますが、
金額ははっきりと決まっておらず5万から50万程度と様々になります。


遺族や親族に僧侶や宮司のお知り合いがいれば
葬儀社を通して紹介してもらう必要はありませんので
若干安価になるかと思います。

しかし、葬儀社を通した場合、葬儀社の方に
皆さん御礼はいくら程度お包みされているのでしょう?
と聞いても良いかと思います。


仮にこちらを平均的に30万とみなしたとします。

他に、故人の「あの世」での名前として、
僧侶や宮司に仏教であれば戒名(かいみょう)、
神道であれば諡名(おくりな)、を付けてもらう事になります。

これにも生前の故人の生き方や名誉、
または故人の遺去した年齢などによってランクがあり、
このランクが高くなればなるほど高価になると言われます。


この金額を御礼に含んで考える僧侶や宮司もいれば
別で考える者もいますので、金額はあってないような物です。

しかし、こういった僧侶や宮司に支払う金額は
総額で20万~50万程度と考えた方が良いようです。


また、これは葬儀社が遺族からもらうものではありませんので、
葬儀社の打ち出す必要経費には含まれておりません。



その他に必要な金額


葬儀は会葬者が来る事が前提ですので
それに必要な金額も会葬者の来場予定数にも左右されます。

50人であれば返礼品を50個用意したとして、
ひとつ3000円の返礼品なら15万です。

また、

会葬者が通夜や葬儀後の会食にも参加しますので、
全員でなかったとしても1回20人が会食に参加すれば述べ40人。

ひとり平均1食3000円としても、ここで更に12万が加算されます。



他に、火葬費用や火葬場での飲食費用に約10万。

最初のパックになっている部分に
含まれたり含まれなかったりする物として、
ドライアイス代やマイクロバスの費用等、
細かい諸費用がそれぞれにかかる場合があります。



最終的に必要な金額


このように考えると上記を全てプラスしていった場合、
50人規模の葬儀でも約120万程度が必要になってきます。

ですが、会葬者の大半は香典を包んで来てくださるので、
120万全てが出費と考える必要はなさそうです。

もちろん、人の生き死にはお金に変えられる物ではありませんので、
香典をあてにする事もなく、滞りなく済むようにするとなれば、
それなりの蓄えは必要になりますね。



スポンサードリンク

 - 葬式

  関連記事

Print
【葬式マナー】失礼のない喪服とは?

礼儀やマナーといったものが最も大事となる場面、 これが冠婚葬祭であるということは …

1113-4
葬式を身内だけでする場合の流れ、準備とは?

最近は、葬式を大きく行わず 小さく行う場合というのが増えているそうです。 葬儀、 …

0221-2
葬式で言ってはいけない忌み言葉とは?

日常生活の中でも 「縁起が悪い言葉」として敬遠されている そんな言葉がいくつかあ …

0222-2
葬式で喪主の役割とは?喪主のするべきこと

一般参列者として葬式に参列するということは 社会人になると多くなってきます。 そ …

Print
葬式の基本的な流れを知っておこう!

結婚式には結構な数出席したけれども、 葬式という場には縁があまりなく、就職して数 …

ƒŒƒ^[
葬式マナー お悔やみメールの書き方

お葬式というと、実際に会場に参列する際のマナー というものもかなり重要になります …

0215-5
葬式休みの取り方は?休む連絡を入れるべき?

急な訃報が届いて、私自身はどのような対応を とってよいのかわからないという方。 …

Print
【葬式のマナー】親族として参列する際のポイント

親族として葬儀に参列するという機会は そうそうにありませんし、 あっても困ってし …

0224-3
葬式での御霊前マナー

葬儀にこれまで出席したことがなく、 急な訃報でいそいで葬儀に 参列する準備をしな …

プリント
葬式費用が出る保険は加入すべきか

最近は、外資系の保険会社を含めて、 葬式費用が出る保険というものが販売されていま …