「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

節分に鬼退治をするようになった理由

      2014/11/15

節分の定番というと、子供たちが
「鬼は~~~~外!。福は~~~~~内!」
というような掛け声が定番ですよね。

これは、豆に邪気を払う効果があるということで、
鬼を子供たちが退治し邪気を払う姿になりますが、
春夏秋冬、その季節の変わり目に節分は来るものの、
2月3日節分に鬼退治をするために豆をまく
という風習のみが現在残っています。

この節分に鬼退治をするということについて、
なぜこの節分に鬼退治をするようになった理由というものをご紹介しておきましょう。


スポンサードリンク

「起源:追儺(ついな)」


古くは、延喜式に節分に関する記述があり、元々の儀式追儺からきています。

元々は中国で行われていた儀式にはなるのですが、
日本では「鬼やらい」といい平安時代の初期から
鬼払いのための儀式として節分に行われていました。

そのなごりからか日本の神社の中には
「節分祭追儺神事」を現在でも行っているところがたくさんあります。


スポンサードリンク

「起源:鬼退治の理由」


では、なぜ、節分に鬼退治をするようになったかというと、
900年代に鬼が街を荒らすということが頻発したと言われ、
鬼が出てくる場所を封じ込めると同時に、炒った大豆の豆で鬼の目をつぶすことで、
鬼による災厄を逃れることができたということが発端だといわれています。

ですから、

古くは豆は「魔目」ともいわれたほど豆を使って鬼を退治する
ということが周知されていました。


今では、鬼が出るということはまずなく、
昔に出ていたかというのも疑問ではありますが、
なぜ節分の時期にというのは、節分~立春の季節は陰陽道でいう鬼門であるため、
邪気等が現世に蔓延しやすいといわれていて、これを、みなで豆を使って払う
というのが、節分に鬼退治をするようになった理由だといわれています。

なぜ、節分が多くあるなかで冬の節分だけ、鬼退治をするのか
というのはこういったことが理由になっているようです。


これまでなんとなく節分に豆を使った鬼退治をしてきた
という方もいることでしょうが、上記のような理由があった
ということも頭の隅にいれておいてください。


スポンサードリンク

 - 節分

  関連記事

豆まきで鬼を退治する理由と目的とは?

日本では、節分の日に豆まきで鬼を退治する という習慣がありますよね? ほとんどの …

節分の豆の蒔き方と食べる量とは?

小さいころ学校や家で節分をやった という方は日本人であれば非常に多いでしょう。 …

節分と恵方巻きの関係性とは?

40代以上の方ですと、節分に恵方巻きを食べる という習慣にどうしても抵抗があると …

節分のやり方を詳しく解説すると?

1年を通して日本では、古くから残る 伝統的な行事というのを行っています。 他の国 …

節分に善光寺でイベントが開催される理由とは?

節分という季節の変わり目の儀式、 これの中で春の訪れを告げる節分、 現在の暦では …

節分は2月2日だった?なぜ、節分の日付が変わるのか?

日本で毎年行われている年間行事として よく知られているものに『節分の豆まき』があ …

節分は旧暦だと何月何日にあたるのか?

節分は、現在2月3日に行うのが通常であり、 これが当たり前ですよね。 この節分と …

恵方巻きの方角は一定ではない?その理由とは?

節分が近づいてくると、 大豆を豆まきように準備すると同時に、 恵方巻きの予約とい …

節分は立夏も含まれる?立夏に行う事とは?

節分に関する勘違い。 これで最も多いのは「年に1回」、 2月に豆まきを行うイベン …

節分に京都で開催される有名なイベントは?

節分というと、小さな子供が、豆をまいて邪気を払う という風習だということは、小さ …