「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

結納で略式する流れを知りたい

      2014/11/12

これから結婚式の準備をするという新郎新婦の中には
その前段階である「結納」について
どう行うべきかを迷っている方も多いでしょう。

正式な結納をするとなると仲人にも
長距離を移動してもらわなければならないし、
物理的にも日程的にも難しくなってくる。

こういった悩みを持つ、新郎新婦が多いでしょう。


こういった場合には「略式での結納!」の
情報を本や親族から聞いたという方もいますよね。

しかし、

略式の結納とはいっても、略式でこんなに面倒なのかと
当人たちはびっくりするような準備が必要
になります。

この結納で略式ということに関して
流れを知りたいという方に概要を伝えておきましょう。


スポンサードリンク

「略式結納の流れ」日程調整 


まず、日程を調整します。

結納は当人達だけではなく、両家が出席して行うものですから、
現実的に出席できるという日と、「六曜」に照らし合わせて、
その日程と時間を設定します。

大安でしたら終日大丈夫ですし、
先負等の他の六曜の日を選ぶと時間の指定が必要になります。



「略式結納の流れ」会場のリストアップ


現在は、ホテルの日本料理店や、有名な会席料理店、老舗料亭
こういったところで略式の結納を行うのが一般的となっています。

事前に予約が必要で、結納に強いところでしたら、
結納品の持ち込みや装花の持ち込みといったことで
揉めることはないでしょう。



「略式結納の流れ」オプションプランの確認


いいなと思った会場のオプションプランを確認する。

有名なお店ですと、着物のレンタルや着付け、
カメラマン、当日の司会といった人まで
お店側で準備してくれることがあります。

こういったオプションが豊富なところですと準備もスムーズでしょう。


スポンサードリンク

「略式結納の流れ」当日の流れ


まず、両家が着席し、新郎側から挨拶をします。

これは簡単な挨拶です。

これが終わると全員が一礼します。


その後新郎側父が口上をします。

これはある程度形式がありますので、父親に予習してもらいましょう。



「略式結納の流れ」口上


その後母親が結納品と家族書、親族書を乗せた白木の台を
新婦の元へ運び例をし、口上をします。

これを受け取ると、新婦側親族が目録を確認し
女性がお礼の口上を述べ、その後全員が一礼します。

新婦の母親が結納品を飾り第に運び「受書」を新婦の父親に渡します。

この後、同じ流れを女性側の結納品で行います。



「略式結納の流れ」婚約指輪披露


これが終了すると、婚約指輪の披露をします。

最後に新郎側の父親が、結びの口上をします。

そして全員であいさつ。


これが略式で結納をする流れとなります。


口上についてはネット上で検索すれば
テンプレートや例文といったものがたくさんでてきますから、
これをプリントアウトでもして予習しておきましょう。



スポンサードリンク

 - 結婚:結納

  関連記事

0303-4
結納返しの目録の書き方とは?

人生の中で、ある程度大きなお金が必要になる儀式 というのがいくつかあります。 そ …

1012-3
結納するタイミングが知りたい!

結婚式の日取りをどうするかということは、 プロポーズをした段階からお互いで 話を …

1019-1
結納で食事会(顔合わせ)するときに気をつけるポイント

近年は、結納を正式に行うという家庭が 少なくなりました。 正式な結納をするとなる …

1021-1
結納と婚約の違いは?

結婚関連用語というのは、 これから結婚をするという人でも漠然と イメージしている …

1023-1
結納に掛かる費用は?どんなものにお金がかかる?

結納という儀式は 結婚する両者の関係を深めるというより 親族間の繋がりを深くする …

0217-3
結納を沖縄でやるならどこの会場がお勧め?

結納をやるうえで、 一日で移動することができる場所であれば、 事前に調べて万全の …

0217-4
結納を名古屋でやるならどこの会場がお勧め?

新婦側の地元が名古屋であり、 結婚式もそうだが、結納に関しても どれだけ準備しな …

0222-1
結納に手土産は必要?失礼のない手土産とは?

結納をするという場合に 略式なのか正式な結納なのかということでも 違いが大きく出 …

0307-1
結納でのし(熨斗)の書き方、のしが必要なものとは?

結婚式に向けての準備の間に もう一つ大事な日本の儀式があります。 なんとなくピン …

1012-1
結納から入籍までの正しい順番は?

男性は、結婚したいという女性があらわれると、 そのあとのことというのはあまり意識 …