「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

果糖は果物にどれだけ入ってる?摂りすぎ注意

   

セレブの方や芸能人が朝は果物だけ食べている
というような話を聞いて、
果物をたくさん食べれば、キレイになれる
と簡単に考えている人がいます。

これは美容の面だけではなく、
健康ということをを考えても
かなり気を付けなければいけない
部分です。

ですので、今回は
「果糖は果物にどれだけ入ってる?」という事と
摂りすぎ注意」という事を
お話させていただこうかと思います。


スポンサードリンク



果物に入っている果糖とは


果糖とは、糖分の一種であり、
ブドウ糖と結合することで砂糖になる
ということは知っている方も多いでしょう。

朝、果物のみを食べるという方の多くは
この情報を知っていて朝を果物のみにしている
という方がほとんどなのです。



果糖の性質


まず、果物というと甘みが非常に強く、
冷やせば冷やすほど甘くなりますよね。

これは糖分の中でも、甘みということに関して
果糖は糖分の中で、最も大きいとされています。


反対に、この糖質は満腹中枢を刺激しない

これはプラスの面としても語られます。

血糖値を上げないということですからね。


しかし、満腹になりにくいということは
逆に考えると過剰摂取しやすいということがいえます。

「ご飯は入らないけどフルーツならいくらでも入る」
こんなことを言っている芸能人やオバさま方がいますが、
実はこれには非常に注意が必要なんです。


スポンサードリンク

摂りすぎ注意


まず、これまでの上記の点から、
血糖値を上げずにビタミン等の美容成分をも
摂取することができるから果物は万能!

このように意識されやすいのですが、
この果糖はというと、実は
摂りすぎると中性脂肪が増えると言われています!



中性脂肪の増加によっておこりうる疾患


・高脂血症
こちらは血中の中性脂肪や
コレステロールが基準値を超えた状態で、
果糖の過剰摂取以外にも喫煙やアルコールを飲む機会が多い
となるとより、その「リスクが高くなります。

その他にも、動脈硬化、心筋梗塞と代表的なものだけでも
中性脂肪が多くなるとこういった疾患になるリスクがあります。



【まとめ】


運動をせずに朝から果物だけを食べるダイエット。

これは、カロリーレベルでのダイエット
ということでしたら、
置き換えの効果があると言ってよいでしょう。

しかし、果糖は満腹中枢を刺激しませんから
摂りすぎということも考えられ、
体重は減ったけど、血液がドロドロ

こういったリスクがあるということは注意しておきましょう。 




スポンサードリンク

 - 果糖

  関連記事

0930-2
果糖と砂糖の関係性

体型管理をするという場合や、 病気で食事制限が必要になったという場合、 そして子 …

0930-3
果糖の成分は?

最近、身体にいいのか?身体に悪いのか? ということで結構議論が大きくなっているも …

0930-1
果糖とは?ブドウ糖(ぶどう糖)とどっちが太りやすい?

肉体管理をする、ダイエットをする、 こういったことを実践する場合、 まずは運動に …