「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

果糖とは?ブドウ糖(ぶどう糖)とどっちが太りやすい?

      2014/10/01

肉体管理をする、ダイエットをする、
こういったことを実践する場合、
まずは運動によってと考える人も多いようです。

しかし、

日常生活で知っておくだけで
ダイエット等に役立つ事というのがたくさんありますので、
そのうちの一つである「果糖」と「ブドウ糖」について
今回はお話しさせていただきます。



スポンサードリンク



果糖の概要



糖分というカテゴリーの中で、
最も水に溶けやすい性質を持っているのが果糖であり、
いわゆるドリンク類に活用されていることが多い
という特徴があります。

また、

糖分の中でも体感できる甘さが強い特徴があり、
冷やすことでより甘みを強くすることができます。


ブドウ糖の概要



ブドウ糖は、果糖と同じように
糖分の一種になるのですが、

最近は、集中力を高めるためにとる糖分
として活用されていることも多いです。



スポーツ選手や、頭脳競技の選手等が
競技中にブドウ糖を補充している姿とかもみますよね。

これはブドウ糖の補充によって、
短期間で血糖値を増やすことができる
ということで活用されています。



スポンサードリンク

果糖とブドウ糖(ぶどう糖)はどっちが太る?



まず、どちらも糖分であるため、
過剰に摂取することで太りやすい
ということは間違いありません。

この太るということに果糖とブドウ糖(ぶどう糖)の
大きな違いというのでしたら、
満腹中枢への刺激というのが大きな違いになります。



ブドウ糖は血糖値が上がるという話をしましたが、
これによって満腹中枢が刺激されますから、
摂取量が少なくても満足感を得ることができます。

一方で果糖は血糖値を上げないことから、
満腹中枢を刺激しません。

このため、
必要以上に摂取してしまう可能性があります。

果糖とブドウ糖では果糖のほうが太りやすい
といわれる大きな要因はこちらかと思います。


注意点



まず、果糖とブドウ糖の成分、
これはそのものの比較で太りやすいほうというと
果糖であるということがいえるでしょう。

自然界の食品の中で
果糖が多く含まれるのはフルーツであり、
ブドウ糖が多く含まれているのは炭水化物になります。



フルーツですと、他にも
ビタミン等の成分が豊富なことに対して、
炭水化物というとエネルギーになる成分になります。

カロリーということで考えると
炭水化物のほうが大ききくなります。

そのため、

食品トータルで果糖とブドウ糖(ぶどう糖)
ということを考えるのでしたら、
どういった食品からこの糖分を摂取しているか
ということまで考える必要があるかと思います。



スポンサードリンク

 - 果糖

  関連記事

0930-2
果糖と砂糖の関係性

体型管理をするという場合や、 病気で食事制限が必要になったという場合、 そして子 …

0930-4
果糖は果物にどれだけ入ってる?摂りすぎ注意

セレブの方や芸能人が朝は果物だけ食べている というような話を聞いて、 果物をたく …

0930-3
果糖の成分は?

最近、身体にいいのか?身体に悪いのか? ということで結構議論が大きくなっているも …