「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

果糖の成分は?

      2014/10/01

最近、身体にいいのか?身体に悪いのか?
ということで結構議論が大きくなっているものに
「果糖」があります。

世界的に朝食は果糖が多く含まれる果物だけ
というようなことがブームになっていますが、
これについては警鐘を鳴らす学者さんも多く
一般の人には、よくわからないという状況になっています。



これは、判断基準が難しいという一言につきるのですが、
成分の情報を知っていないと理解することができないので
「果糖の成分」についてお伝えしていこうと思います。


スポンサードリンク



果糖の基本


日本では果物に含まれているのが果糖で、
ごはんに入っているのがブドウ糖

そして調味料として果糖とブドウ糖両方の性質を持ったもの
それが、砂糖
であるというように説明がなされます。


学術的には果糖はフルクトースといい、
同じ糖類の中で最も水に溶けやすいと言われています。

果物がジューシーで甘いというのはこれの影響ですね。

果糖そのものの甘さも砂糖よりもあまいとされていますから、
甘味成分としては合成フルクトースが世界的に利用されています。



フルクトースの成分上の特徴


他の糖類と比較してお話ししましょう。

まず、果糖のみを考えると、
血糖値を上昇させない糖類ということで、
高血圧の人でも甘いものが食べられる!

と、このように紹介されることがありますが、
果糖も1日の摂取量を超えて過剰に摂取してしまうと、
中性脂肪の増加や動脈硬化のリスクが強くなる
と言われているのです。


スポンサードリンク

満腹中枢



「そうはいっても果物だしそんなにたくさん食べないよ。」
という方もいますが、果糖の成分上の特徴として、
インシュリンを生成しないため、
満腹中枢を刺激ないという特徴があります。

そのため、いくら食べてもお腹いっぱいにならない、
というのが果物
なんです。

食べることによって得る満腹感と違い、
胃に入る物理的な量で満腹感を得る
という状態まで食べると食べ過ぎ
になります。

これは甘いものは別腹というようなことが語られる
一つの要因ともいえるでしょう。



さて、今回は果糖の成分についてお話ししましたが、
参考になりましたでしょうか?

何事も適度な量にということですね。




スポンサードリンク

 - 果糖

  関連記事

0930-2
果糖と砂糖の関係性

体型管理をするという場合や、 病気で食事制限が必要になったという場合、 そして子 …

0930-4
果糖は果物にどれだけ入ってる?摂りすぎ注意

セレブの方や芸能人が朝は果物だけ食べている というような話を聞いて、 果物をたく …

0930-1
果糖とは?ブドウ糖(ぶどう糖)とどっちが太りやすい?

肉体管理をする、ダイエットをする、 こういったことを実践する場合、 まずは運動に …