「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

梅まつりを水戸でも開催!その見所とは?

   

全国各地で梅が咲き乱れる時期が近づいています。

2月末から3月になると、
梅の花を見るためのスポット等の特集が
盛んに組まれることになりますが、
大きな梅まつりが水戸でも開催されている
ということを知っていますか?

この水戸の梅まつりの見所と観光名所
これを掲載してみたいと思います。


スポンサードリンク



水戸で開催されている梅まつり


・水戸の梅まつり
徳川家ゆかりの偕楽園周辺で開催されている梅まつりですね。

茨城県最大の梅まつりであり都市公園としてはアメリカ、マンハッタン島にある
「セントラルパーク」に次ぐ規模
であるということも偕楽園は知られています。

この敷地内に3000本、弘道館にある梅と合わせると4000本近い梅が植えられています。



水戸の梅まつりで開催されているイベント


日曜日の観梅デーには多数の人が訪れており、
飲食の屋台や、野点や琴の演奏会、
そして水戸のゆるキャラの誕生日会等々
多数のイベントが開催されます。

また、

ひな祭りの原型である
「ひな流し」が行われるのも水戸の梅まつりの特徴
であり、
今年は3月1日の日曜日と3月7日の土曜日に開催されます。

これは今では少なくなった風習ですから、家族で行っても楽しいかと思います。


・夜梅祭
水戸市の青年会議所が主催で行っているお祭り3月14日に行われ、
偕楽園だけではなく、弘道館、常盤神社がその開催地となります。

この日は夜間のライトアップがなされることが特徴であり、
花火とキャンドルに彩られた梅というものを楽しむことができるので
カップルで行くということもおすすめですね。

また、

3月29日になると「YOSAKOI梅まつり」が
偕楽園で行われるということも知っておきましょう。

2回公演があり、10時(1回目)13時(2回目)とあり、
まつり太鼓が間に演奏されますので、こちらもおまつりとしては楽しいでしょう。

会場は「偕楽園見晴広場」です。



水戸市の偕楽園で行われた夜梅祭


スポンサードリンク



水戸の梅まつりに赴く前に知っておくといいこと


・偕楽園
日本庭園であり、国の史跡にも指定されている場所で、
日本三名園の一つになっています。他二つは、岡山の後楽園、金沢の兼六園ですね。


・偕楽園の歴史
水戸市といえば、徳川家とゆかりがある土地であり、
この偕楽園も水戸藩の9代目の藩主である徳川斉昭が、
1800年代初頭に建造しています。

こういった庭園の中では珍しく
昔から一般の人に開放されていたというのも偕楽園の特徴でしょう。

このような歴史があることから基本的に偕楽園は今でも入園料が無料となっています。


・偕楽園と弘道館
偕楽園と同じ敷地にある「弘道館」も観光スポットであり、
歴史的にも有名な場所になります。

水戸藩の藩校であり、ここで、多くの人が学んでいました。


藩校というと武道というイメージがあるかと思いますが、
ここでは科学やいろいろな学問が研究されていました。
 
こういった学生たちの保養所という意味合いも偕楽園にはあったといわれています。

ちなみに、正岡子規や森鴎外、そして、
島崎藤村といった方々の作品の中にもこの弘道館は登場します。



水戸の梅まつり周辺の観光スポット


・水戸八景
一つは偕楽園で見ることができる「僊湖の暮雪」ですね。

この水戸八景は、旧水戸藩の領地にまたがっており、
8つのうち2つを水戸市で見ることができ、
もう一つは水戸市青柳町にある「青柳の夜雨」になります。


・新水戸八景
こちらは水戸市内で8つ全部まわることができます。

弘道館や保和園、千波湖、水戸芸術館、御前堀、
水戸森林公園、大串貝塚、大塚池公園等々が指定されています。


・水戸黄門ゆかりの地めぐり
黄門様が誕生したといわれる生誕の地や、テレビドラマで登場した
助さん格さんの屋敷跡といったものが水戸市にあります。


他にも史跡等々が水戸市にはたくさんあり、
こういった場所をめぐるのもおもしろい
かと思います。



【水戸黄門】水戸光圀の西山荘 助さんの住居跡

また、

水戸市では観光用のレンタサイクルを駅に整備しており、駅の南口にいけば
大人で1日500円小学生以下で1日300円でレンタサイクルを借りれ、
返却場所は、駅だけではなく、千波湖西駐車場でもよいそうです。



スポンサードリンク

 - 祭り・イベント ,

  関連記事

0318-1
長崎観光なら日本で随一の帆船イベント長崎帆船まつりへ!

長崎観光というと、 「グラバー園」「平和公園」「中華街」 「浦上天主堂」「オラン …

0212-6
十和田湖冬物語とは?

冬の時期のお祭りとして、 ここ数年話題にのぼることが多いお祭りに 「十和田湖冬物 …

0319-1
長崎帆船まつりと花火、光と色の祭典開催!

長崎というと、異国情緒あふれる街並みと 四季折々に開催される独特のお祭り という …

2014-6
丸の内イルミネーション2014年の見所とは?

東京というと、毎年のようにデートスポットや 遊ぶための場所というのがオープンして …

メジロと梅02
梅祭り(梅まつり) 東京 in 2015の見所とは?歴史と由来をまとめました!

日本では昔から、冬があける頃になると 「梅の花」をめでるという習慣があります。 …

0302-4
梅祭り(梅まつり)を水戸偕楽園でも開催!その見所とは?

関東地方には数百本クラスの 梅の名所というのがたくさんあります。 そんな中数千本 …

0320-1
高山祭2015の日程と高山まつりの森のからくり人形

少し気温も暖かくなってきたことで、 春の到来を肌で感じている人も多いでしょう。 …

0213-1
しばれフェスティバルとはどんなイベントなのか?

今年の冬も「しばれフェスティバル」の 開催が近づいてきました。 毎年冬の時期に開 …

0213-7
札幌雪まつりの由来と起源とは?

毎年、年があけると、北海道、札幌の お祭りについてのニュースが 全国的に流れるよ …

2014-1
かまくら祭りを湯西川で見る最高のスポットとは?

冬のお祭りとして関東圏で楽しむことができるお祭りに 「かまくら祭」があります。 …