「なぜ」が「なるほど」に変わる情報図書館

日々生まれる小さな疑問から大きな疑問までを「なるほど」と解決します

ボタン恐怖症の原因と克服方法とは? 

      2015/03/22

まさか私が・・・?!と
思った方もいるかもしれません。

そもそもこのような言葉がある事さえ
知らない方が殆どではないかと思います。

人によっては、高所恐怖症や先端恐怖症というように
生理的に苦手なものなど人によって抱えています。

しかし、ボタン恐怖症という症状自体、
その症状になった方でさえ
その言葉を始めて知った方も多いようです。

そもそもボタン恐怖症とは、
世界中でも認知されている症状で、
7万5000人に1人という割合で、
発症すると言われており、

ボタンを見ると吐気だったり気持ち悪くなって
服のボタンを閉じる事さえできなくなる症状だと謂われています。

スポンサードリンク



ボタン恐怖症の原因とは?

 

では、どうしてボタン恐怖症になってしまったかというと、
子供の頃の出来事が関係していると一般的には言われています。

例えば、ボタンを引きちぎられて虐待を受けた経験がある、
ボタンを飲み込んでしまった、など原因は人それぞれですが、
幼少期の経験によるものとされています。

 

ボタン恐怖症の方の悲痛な叫び

 

ボタン恐怖症になるとどのような症状が起きるのでしょうか?

 

実際ボタン恐怖症になると、ど
ういった症状が起こるのでしょうか。

ボタンを見るだけで、気持ち悪くなり、吐気がしてきたり、
とても素手では触る事ができなくてハンカチを使ったり、
触ってしまったら手を何度か洗ってしまう程にボタンを触る事ができなくなります。

ボタンといっても様々です。
携帯電話のボタン
リモコンのボタン
服のボタン

など、生活するなかで
ボタンをがない生活をするのはなかなか大変な事です。

スポンサードリンク



ボタン恐怖症の似たような事例

 

ボタン恐怖症なんてあるの?!と
思った方もいるかもしれませんが、

一般の人では想像できない
悩みを抱えていらっしゃいます。

ボタン恐怖症だけではなく、

電波恐怖症
電車恐怖症
音恐怖症など

普通の生活が困難な方もいらっしゃるようです。

電波がない生活というと
現代生活がもうできなくなってしまうくらいですから・・

 

ボタン恐怖症をどうやって克服するのか?

 

では、ボタン恐怖症は
どうやって克服したらいいのかというと、

投薬治療、催眠療法などが
一般的には取り入れられています。

ボタンを見ると吐気やパニックになる方も
いるので、精神を安定させる薬を投薬する事もあります。

投薬に関しては、心療内科など
一度お医者さんに相談する事をお勧めします。

また催眠療法を利用して幼少期の記憶から
さかのぼり原因を突き止める方法も良いかと思います。

何が原因で今の症状がでているのか知る必要があるからです。

その際も、催眠療法をやっている方は非常に多いので、
まずは実際催眠療法を受けた方などの声をもとに
じっくりどの先生に依頼するか検討の上診察をうけてください。

 

まとめ

 

ボタン恐怖症というと、どうしても
馴染みがない方の方が多いかもしれません。

ですが、
このように幼少期のキッカケやトラウマが原因
大人になってから症状が発症する人も少なくありません。

ですので、対処療法で取り組むよりかは、
なぜ今このような症状なのかを原因を探る事をお勧めします。

スポンサードリンク

 - 恐怖症 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした